2005年10月21日

祈!連敗脱出&小瀬初勝利

今シーズンの甲府との対戦成績は2敗1分。
第1クールこそ1-1の引き分けだったが、5月のアウェイゲームは0-5の完敗。
そして9月のホームゲームも内容では圧倒され、1-3で敗れた。

通算対戦成績も5勝11敗1分というかなり一方的な数字で、
アウェイでは2勝6敗。とくに今回の会場、小瀬では3戦全敗だ。
昔も今も、甲府とはかなり相性が悪い。

さて、最近5試合の甲府の成績は、1勝1敗3分。
引き分けが多く、3位争いを勝ち抜くには物足りない成績だ。
とくにホームではここ2試合続けて引き分けに終わっている。
バレーの戦線離脱で得点力が低下しているのが原因と思われるが、
今節は、相性のいいヴォルティスが相手ということもあり、
是が非でも勝ち点3を狙ってくるだろう。

続きを読む


posted by ナカヲ at 13:40| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2005-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月18日

愛媛FC、2位以内ならJへ

Jリーグは今日の理事会で、愛媛FCが今シーズンのJFLで
原則2位以内に入ればJリーグ入会を認めることを承認したようだ。
FCホリコシの加盟見送り 愛媛FCは来季J2入りへ(この見出しは誤解を招く)

愛媛FCは現在JFL首位。3位・栃木SCとの勝ち点差は5と離れており、
現在の調子を維持できれば2位以内に入る可能性は高い。

愛媛FCがJリーグ入りすれば、愛媛だけでなくヴォルティスにもメリットがある。
Jリーグ版四国ダービー実現で盛り上がり、観客動員面で大きな上積みが期待できる。
また、お互いに負けられないというライバル意識が働いて、両チームのレベルも
上がるだろう。それによって、四国全体のサッカーのレベルも上がるはずだ。
2位以内目指して(いや、優勝目指して)頑張れ、愛媛FC!
posted by ナカヲ at 22:31| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Soccer 2005-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヴォルティス、集客事業公募

徳島ヴォルティスは昨日、ホームゲームの盛り上げと集客に結びつく事業に
最高50万円を資金提供する「徳島ヴォルティスにぎわいベンチャー大賞」の
募集を開始した。
ホームゲーム盛り上げへ応援ベンチャー募集 県・運営会社

徳島ヴォルティス株式会社とNPO法人「HOME」との共催で、
若手企業家の育成も兼ね、高校生以上の幅広い層からプランを募るとのこと。

どのくらい応募が集まるのか想像もつかないが、実に面白い試みだと思う。
頭の固い大人には思いつかないような斬新なアイデアが出てくることを期待したい。

このブログをご覧になっている方で、いいアイデアがあるという方、
ヴォルティスの発展のためにぜひ応募してみては?
posted by ナカヲ at 21:43| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2005-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月15日

対京都パープルサンガ@鳴門陸

◎Jリーグ2部第36節 2005年10月15日
 (徳島県鳴門総合運動公園陸上競技場)観衆3,547人

徳島ヴォルティス  1(1−3)5  京都パープルサンガ
           (0−2)

得点:徳=小林(10分)
   京=アレモン(7分、32分)、中払(25分)、パウリーニョ(47分)、
     三上(82分)
警告:徳=石川(51分)、田中(78分)
   京=アレモン(68分)

(徳島ヴォルティス)
GK 古田
DF 谷池
   石川
   大森
MF 秋葉
   鎌田
   大場
   小山(→61分、田中)
   冨士(→84分、挽地)
FW 小林
   羽地

(京都パープルサンガ)
GK 平井
DF 鈴木和
   リカルド
   鈴木悟
   三上
MF 米田(→83分、石井)
   斉藤
   加藤(→62分、星)
   中払(→52分、美尾)
FW パウリーニョ
   アレモン


続きを読む
posted by ナカヲ at 16:18| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | Soccer 2005-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月14日

プライドをかけて

京都パープルサンガとの今シーズンの対戦成績は3戦3敗。
アウェイでは0-1、0-2と2試合とも完封負け。
6月のホームゲームでは前半に1点を先制しながら追加点が取れず、
後半に守備の隙をつかれて2失点の逆転負け。
3試合を合計すると、前半のスコアは1-0、後半は0-5となり、実に対照的だ。

通算の対戦成績では8勝6敗とまだ勝ち越しているが
(ホームでは3勝3敗の五分)、このところ4連敗中ということで、
相性は良くない(今シーズンは相性以前に明確な力の差を感じる)。

最近5試合の京都の成績は3勝1敗1分。
5試合で奪った得点は13、失点はわずか1だ。
ただ、良いときと悪いときの差が激しいようで、
勝った3試合はいずれも3点以上を奪っているが、
勝てなかった2試合はいずれも無得点。

続きを読む
posted by ナカヲ at 11:35| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2005-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月13日

ヴォルティスパークVer.2

ヴォルティスのホームゲーム観客動員数はこのところ低落傾向にあり、
前節の仙台戦では、雨の影響もあって今季最少の2,205人まで落ち込んだ。
徳島ヴォルティス株式会社はこの事態にかなりの危機感を持ったようで、
てこ入れ策として、ヴォルティスパークの新バージョン開催を発表した。
"ヴォルティスパーク バージョン2" 開催のお知らせ

新バージョンは、今週末の京都戦以降のホームゲーム全試合で開催される予定で、
内容的には、従来のキックターゲット、キックボーリングに加えて、
新たにサッカーピンボール、パットゴルフ、サッカーゲーム、
フライングボールの4アトラクションが加わった。
開催時間は11:30〜14:00、費用は1ゲーム100円(会員は50円)だ。
また、6種目すべてをクリアしたら景品をプレゼントする「スタンプラリー」も
合わせて導入するとのこと。

続きを読む
posted by ナカヲ at 18:08| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2005-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月12日

またまた練習試合中止

16日に予定されていた関西学院大との練習試合は中止となり、
当日は午前11時からの練習のみに変更された。
練習予定変更について

理由は明らかにされていないが、天皇杯のベンチ入りサブメンバーが
4人だけだったところを見ると、おそらく故障者続出でメンバーが
揃えられないのだろう。そういえば、先月もそういうことがあった。

今シーズンはもう今さらどうすることもできないが、来シーズンは
故障者を出さないコンディション作りにも気を配ってほしい。
(お金のこともあって、いろいろ難しいのだとは思うが。)
posted by ナカヲ at 21:47| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2005-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

J全チームとの対戦実現

天皇杯の4回戦以降の組み合わせが発表された。
ヴォルティスの4回戦の相手は清水エスパルス。会場は日本平だ。
第85回天皇杯全日本サッカー選手権大会 
4回戦以降の組合せおよび4回戦〜準々決勝の入場チケット販売方法

第85回天皇杯全日本サッカー選手権大会4回戦 組み合わせ決定のお知らせ

ヴォルティスは、前身の大塚FC時代を含めて、
今までにJリーグ全29チーム(ヴォルティス自身を除く)のうち
28チームと公式戦で対戦したことがある(前身チームとの対戦を含む)。

唯一、一度も対戦したことのないチームが、清水エスパルスだった。
したがって今回、天皇杯でエスパルスと対戦することによって、
Jリーグ全チームとの対戦が実現するのである。
おそらくJ1未経験チームでは唯一の快挙(?)だと思う。

続きを読む
posted by ナカヲ at 20:52| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Soccer 2005-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

J2はW杯期間の中断なし

Jリーグの鈴木チェアマンが、来年のJリーグ2部について、
日程的に厳しいためW杯期間中も中断しない意向を示したようだ。
J2、W杯期間中も開催へ

W杯期間中に中断しないのは別にかまわないが、
この発言からは、愛媛FCが昇格した場合でも4回戦制を維持し、
各チーム52節48試合のリーグ戦を実施するという考えが伺える。

1年は52週だが、12月の2週目から2月末まではオフシーズンなので、
実質40週で52節を消化しなければならない。ということは、
毎週末必ず試合を開催し、火〜木の祝日である「春分の日」、
「憲法記念日」、「勤労感謝の日」にも試合を開催したとしても、
平日開催が毎月1試合程度(計9試合)必要になるということだ。

続きを読む
posted by ナカヲ at 10:06| ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | Soccer 2005-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月09日

原田のアローズも4回戦へ

天皇杯は、ヴォルティスの試合を含めて各地で3回戦14試合が行われ、
四国のチームでは徳島ダービーの両チームに加えて愛媛FCも出場したが、
こちらは惜しくもザスパ草津に2-3の逆転負けを喫してしまった。
勝ってJ参入へのアピールをしたかっただけに残念だ。

その他の試合では、ヴォルティスから原田がレンタル移籍中のアローズ北陸が
湘南ベルマーレを延長戦の末、2-1で破る殊勲の星を挙げた。
4回戦でヴォルティスとアローズがともにJ1チームを撃破すれば、
組み合わせによっては5回戦で対戦する可能性もある。確率は低いが楽しみだ。

また、元大塚FCの選手が所属するチームでは、町中と上田の佐川印刷SCと
川口の三菱水島FCも登場したが、佐川印刷はアビスパ福岡に0-1で、
三菱水島もモンテディオ山形に0-3で敗れ、ともに4回戦へは進めなかった。

続きを読む
posted by ナカヲ at 18:05| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2005-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

対三洋電機徳島@鳴門陸

◎第85回天皇杯全日本選手権大会3回戦 2005年10月9日
 (徳島県鳴門総合運動公園陸上競技場)観衆1,689人

徳島ヴォルティス  7(3−0)0  三洋電機徳島
(Jリーグ2部)   (4−0)   (四国リーグ)

得点:徳=小林(6分、81分)、小山(20分、22分、83分)、鎌田(62分、89分)
警告:徳=小林(56分)、小山(69分)

(徳島ヴォルティス)
GK 古田
DF 谷池
   石川
   冨士
MF 鎌田
   挽地
   大場(→76分、大森)
   田中
   片岡
FW 小山
   小林

(三洋電機徳島)
GK 小橋
DF 朝日奈
   森田
   三谷
   野田
MF 多賀秀(→51分、多賀直)
   上原
   山側
   井川
FW 中川
   高木卓


続きを読む
posted by ナカヲ at 15:28| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Soccer 2005-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月08日

国立への第一歩

ヴォルティス(大塚FCを含む)が三洋電機徳島と対戦するのは、
2001年の天皇杯徳島県予選決勝以来4年ぶり2度目。
このときは大塚FCが6-0で快勝している。

また、天皇杯の本大会で徳島県のチームと対戦するのは、
1998年の2回戦で徳島市立高を4-2で破って以来7年ぶり2度目。
ちなみに、その年の3回戦では横浜フリューゲルス(この大会で優勝し、
それを最後に消滅した)と対戦して2-4で敗れている。

大塚FCの天皇杯の通算成績は、16度出場して18勝16敗
(延長Vゴール勝ち、PK勝ちを1試合ずつ含む)。
最高成績は1996年の3勝、4回戦進出だ。
16敗のうち、13敗がJリーグおよびJ発足前のJSL1部チーム相手で、
3敗が大学チーム。大学以外のアマチュアチームに負けたことはない。

続きを読む
posted by ナカヲ at 06:25| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | Soccer 2005-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月07日

気になった記事・その2

今度は、とてもスルーしようとは思えない記事を見つけてしまった。

愛媛FCの加盟で知事ら協力要請=Jリーグ

配信元は時事通信社だ。

「愛媛FCは(中略)加盟が認められれば、四国初のJクラブとして、
来季からJリーグ2部に昇格することになる。」

先日の『徳島新聞』のナイター署名の件が、どうでもいいと思えるくらい
ひどい間違いだ。時事通信社はヴォルティスをJリーグのチームとして
認めていないのか? それとも、徳島は四国に含まれないという解釈か?
すみやかな謝罪と訂正記事の配信を強く求めたい。

<加筆>元の記事は22時には修正されたようだ。
posted by ナカヲ at 20:16| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | Soccer 2005-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月06日

筒井、石田が相次いで負傷

今日の「ヴォルマガ」によると、4日の紅白戦で負傷したボランチの
筒井紀章選手は、検査の結果、「右ひざ関接後十字じん帯損傷」で
全治2〜3ヶ月の見込みと診断された。

また、昨日の仙台戦でFW石田祐樹選手も負傷し、検査の結果、
「右足関接じん帯損傷」で全治2〜3週間と診断されたようだ。

Jリーグ初年度の今シーズン、ヴォルティスが浴びたJの洗礼のうち、
一番厳しかったものは、相次ぐ選手の故障、そして疲労の蓄積に
起因するパフォーマンスの低下だったように思う。

今シーズンは、現在の成績から見ても、メンバー構成から見ても、
今後3位以内に浮上するのはもう非常に難しいと思うが
(もちろん数字上はまだ可能性があるから、あきらめる必要はない)、
この経験を選手個人としても、またチーム全体としても存分に生かし、
来年は長いシーズンを戦い抜ける力を身に着けてほしい。
posted by ナカヲ at 15:42| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2005-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月05日

対ベガルタ仙台@鳴門陸

◎Jリーグ2部第35節 2005年10月5日
 (徳島県鳴門総合運動公園陸上競技場)観衆2,205人

徳島ヴォルティス  2(1−3)4  ベガルタ仙台
           (1−1)

得点:徳=大場(34分)、小林(83分)
   仙=財前(4分)、バロン(25分)、シュウェンク(40分)、大柴(79分)
警告:徳=鎌田(39分)、片岡(53分)

(徳島ヴォルティス)
GK 古田
DF 谷池
   石川
   大森
MF 秋葉
   鎌田(→77分、小山)
   大場
   伊藤
   片岡(→85分、冨士)
FW 石田(→45分、小林)
   羽地

(ベガルタ仙台)
GK 高桑
DF 中田
   木谷
   根引
   村上
MF シルビーニョ
   菅井(→44分、熊谷)
   財前
   梁
FW シュウェンク(→85分、萬代)
   バロン(→72分、大柴)


続きを読む
posted by ナカヲ at 21:56| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Soccer 2005-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月04日

最後まで集中!

今シーズンのベガルタ仙台との対戦成績は1勝2分。
開幕戦の3-0での快勝の後、7月のホームゲームではシーソーゲームの末、
ロスタイムに同点ゴールを決められて引き分け、
8月のアウェイゲームでも終盤に勝ち越した直後に
同点ゴールを決められて引き分けている。

通算の対戦成績は5勝4敗2分(ホームでは3勝1敗1分)。
今シーズンの対戦成績同様、相性は悪くない。

さて、現在のベガルタだが、最近5試合で3勝1敗1分。
前々節まで3連勝(スコアはすべて2−0)と好調だったのだが、
前節は鳥栖に0-2の完敗を喫した。
とはいえ、8月末のヴォルティス戦で小林に2ゴールを決められた後、
9月の4試合はすべて無失点に抑えており、守備陣は安定している。

続きを読む
posted by ナカヲ at 11:55| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2005-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月02日

愛媛FC、再び首位浮上!

今週末に行われた日本フットボールリーグ(JFL)の後期第7節は、
前節首位に立ったばかりのYKK APが佐川急便東京SCに1-2の逆転負けを喫し、
2位の愛媛FCがソニー仙台FCを2-1で振り切ったため、
愛媛FCが再び首位に返り咲き、YKK APは2位に転落した。
佐川急便東京SCは2週続けて首位チームを撃破し、存在感を見せつけた格好だ。
日本フットボールリーグ

また、3位のHonda FCもFCホリコシ戦で森(徳島出身)に決勝点を決められて敗れ、
首位・愛媛FCと3位・Honda FCの勝ち点差は4に広がった。

その結果、3位以下のチームが自力で愛媛FCを上回ることは不可能になり、
愛媛FCには野球で言うところの「マジック7」が点灯したことになる。
まだ決して安心できる状況ではないが、前途が大きく開けてきたことは確かだ。
Jリーグ参入へ向けて最後まで突っ走れ、愛媛FC!
posted by ナカヲ at 17:11| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2005-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月01日

対コンサドーレ札幌@厚別

◎Jリーグ2部第34節 2005年10月1日
 (札幌厚別公園競技場)観衆5,323人

コンサドーレ札幌  2(1−0)0  徳島ヴォルティス
           (1−0)

得点:札=清野(42分)、相川(63分)
警告:札=金子(34分)、徐(89分)

(コンサドーレ札幌)
GK 林
DF 池内
   曽田
   和波
MF 金子(→86分、権東)
   鈴木
   加賀(→81分、徐)
   相川
   西谷
FW 中山
   清野(→68分、デルリス)

(徳島ヴォルティス)
GK 古田
DF 谷池
   大森
   小峯
MF 秋葉
   筒井
   大場
   伊藤(→70分、冨士)
   片岡
FW 小林(→58分、石田)
   羽地


続きを読む
posted by ナカヲ at 16:06| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2005-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月30日

借金よ、さらば

今シーズンのコンサドーレ札幌との対戦は、3戦3分。
第1クールは、終了間際に大島の同点ゴールが飛び出して引き分け、
第2クールは、一方的に攻められるもGK高橋の活躍でスコアレスドロー、
第3クールは逆に試合を優位に進めながらなかなか得点が奪えず、
隙をつかれて失点したが、大島の同点ゴールで何とか引き分けた。

通算の対戦成績は、5勝9敗3分(アウェイでは2勝4敗1分)と
あまり相性がよくないが、今年に関しては3戦とも引き分けだから、
相性の悪さは過去のものとなりつつある。

また、今節は厚別での対戦だが、ヴォルティスが厚別で試合を行うのは、
旧JFL時代の1997年以来8年ぶり2度目。前回の対戦では札幌が5-1で
快勝している(当時のコンサドーレは厚別で21連勝の不敗神話を誇った)。

続きを読む
posted by ナカヲ at 17:42| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2005-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CLUB VORTIS受付終了

今日、徳島ヴォルティス・オフィシャルファンクラブ「CLUB VORTIS」の
今年度の募集受付が締め切られ、最終的な会員数は、個人会員5,301名、
法人会員340団体となった。
オフィシャルファンクラブ「CLUB VORTIS」2005年度受付終了について

個人、法人いずれも当初の目標数字を回り、
順調なスタートとなったのは実に喜ばしいことだ。

しかし、勝負はこれから。
今年は「初年度」の新鮮さやご祝儀での入会も多かったはずで、
今年度の会員全員が来年度以降も継続入会してくれるとは限らない。

来年度の会員募集は11月にスタートする予定だが、
継続入会はもちろん、さらなるファン獲得にも結びつくような
ファンクラブ特典を期待したい。
posted by ナカヲ at 16:43| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2005-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。