2007年12月12日

石川裕司選手、退団か?

日本サッカー協会が昨日発表した最新の移籍リストに、徳島ヴォルティスから
戦力外通告を受けた8選手に加えて、DF石川の名前も掲載されている。
移籍リスト[第08-02号]

今のところクラブからの発表はないが、もし事実だとすると引退した青葉に続いて
またもCB候補がいなくなることになる。河野は開幕には間に合わないだろうし、
来シーズンはどんなDF陣でスタートするのか、全く予想がつかない。
大塚FC時代からヴォルティスを支えてきた選手だけに、誤報と思いたいが・・・。

また、移籍リストにはヴォルティスにレンタル移籍中のベガルタ仙台MF熊林親吾、
横浜F・マリノスのMF塩川岳人の名前も掲載されている。ヴァンフォーレ甲府も
FW長谷川太郎との契約非更改を発表しているが、移籍リストには未掲載だ。

続きを読む


posted by ナカヲ at 12:12| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2007-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Jリーグ合同トライアウト開催

昨日、大阪市の長居スタジアムでJリーグ合同トライアウトが開催され、
徳島ヴォルティスを戦力外になった6選手を含めて計81名が参加した。
再建目指し強化部長らがチェック Jリーグトライアウト
【2007/2008Jリーグ合同トライアウト】
レポート:長居スタジアムにてトライアウトが行われる。
今年は約80人の選手が参加、新たなチャンスに向けアピールを目指す。


ヴォルティスから参加した6名の顔ぶれは、DF冨士、天羽、MF金尚佑、岡本、
FW小林、笹野。MF筒井と故障中のGK山口は不参加だった。
そのほか、徳島県出身者では愛媛のGK阿部一樹、福岡のFW林祐征も参加した。
各選手が新しい所属先と早く出会えることを祈りたい。
2007/2008第1回Jリーグ合同トライアウト出場選手一覧
posted by ナカヲ at 12:02| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2007-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月11日

浦和レッズが準決勝へ

先週末に開幕したFIFAクラブワールドカップジャパン2007は昨日、豊田スタジアムで
準々決勝の浦和レッズ(アジア代表)対セパハン(アジア第2代表)が行われ、
浦和レッズが3-1で勝って準決勝へコマを進めた。

日本の冬の寒さに慣れないセパハンに対して、浦和は序盤から主導権を握り、
前半32分に相馬のクロスに永井が合わせて先制、後半9分にはワシントンの
技ありシュートで加点した。さらに後半25分にはまたしても相馬のクロスから
永井のシュートが相手のオウンゴールを誘って3-0。終盤に1点を返されたものの、
3-1のスコアで逃げ切った。日本のクラブがこの大会で勝つのはもちろん初めて。

浦和は先月のACL決勝でセパハンを破った後、Jリーグと天皇杯を合わせて
公式戦で4試合連続無得点(もちろん勝利もなし)と絶不調に陥っていたが、
セパハンとの再戦で調子を取り戻した。準決勝のACミラン戦が楽しみだ。
posted by ナカヲ at 18:54| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2007-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JリーグU-13全日程を終了

先週末の9日(日)、JリーグU-13の「ヤマトタケル」ブロック最終戦となる
徳島ヴォルティスジュニアユース対ヴィッセル神戸伊丹ジュニアユースの試合が
神戸市のいぶきの森球技場で行われ、ヴォルティスは真杉恭平、佐藤忍、
田中智史の3選手がゴールを決めたものの、3-4で惜敗した。
JリーグU‐13大会結果について

これでJリーグU-13の「ヤマトタケル」ブロックは全日程を終了し、
ヴォルティスは1勝7敗に終わった。ヴィッセル神戸伊丹戦やガンバ堺戦など
あと一歩という試合もあったのだが、なかなか勝ちきれなかった。
来シーズンのJリーグU-14では、今年以上の成績を期待したい。

ちなみに、Jリーグの公式サイト内にこの大会のページがあるのだが、
試合結果が全く載っていないのはどうかと思う。
posted by ナカヲ at 18:30| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2007-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月10日

岡本秀雄、トップチーム昇格

徳島ヴォルティスは今日、徳島ヴォルティスアマチュアのFW岡本秀雄選手の
トップチームへの昇格が決定したと発表した。
徳島ヴォルティス・アマチュア 岡本 秀雄選手 トップチーム昇格決定のお知らせ

岡本は京都市出身の23歳。身長169cm、右利きのFWで、状況判断に優れ、
視野が広く、どこからでもゴールを狙えるオフザボールの動きに定評がある。

昨シーズンの10月から徳島ヴォルティス・アマチュアに加入し、四国リーグの
最終節で2得点を挙げた。今シーズンは四国リーグの14試合中13試合に出場、
チームトップの16得点を挙げて四国リーグ初制覇に大きく貢献した。
とくにカマタマーレ讃岐との天王山でのハットトリックの活躍が印象深い。

アマチュアからのトップ昇格は2006年の松浦、今年の笹野に続いて3人目。
過去の2人はほとんど活躍できなかったが、今年のチームはレベルが高かったので、
その代表である岡本はきっと活躍してくれるはず。大いに期待したい。
posted by ナカヲ at 19:11| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Soccer 2007-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月09日

前年準V・東京むさし敗れる

第二試合は鳴門・大塚スポーツパーク球技場の方へ移動し、グループHの大一番、
FC東京U-15むさし対ヴィッセル神戸ジュニアユースを観戦した。

FC東京U-15むさしは昨年の準優勝チームで、ヴォルティスジュニアユースも
昨年はラウンド16で対戦して惜敗している。一方のヴィッセル神戸ジュニアユースは
昨年、今年と主要大会で決勝ラウンドへ進んだことがなく、むさし有利と思われた。

FC東京U-15むさしのスタメン

続きを読む
posted by ナカヲ at 15:17| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2007-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高円宮杯U-15、清水に0-4

今日は高円宮杯全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会の1次ラウンドを見に、
鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアムへ行った。
この大会は中学生年代の日本一を決める大会で、今日がその開幕戦だ。

徳島ヴォルティスジュニアユースの初戦の相手は清水エスパルスジュニアユース。
今年8月に行われた日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会のベスト4で、
昨年はクラブユース選手権で準優勝、高円宮杯ではベスト8に入っている強豪だ。

スコアボードに両チームの名前が

続きを読む
posted by ナカヲ at 13:56| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2007-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Honda FC、愛媛がベスト8へ

昨日、各地で天皇杯全日本サッカー選手権大会の5回戦が行われ、
JFL勢で唯一勝ち残っていたHonda FCはJ1の名古屋を1-0で破り、
JFL勢としては2004年の草津以来となるベスト8進出を決めた。

またJ2勢では、サガン鳥栖はFC東京に終了間際の失点で1-2と敗れたが、
愛媛FCは逆に終了間際の得点で横浜FCを2-1で破った。

愛媛FCがベスト8に勝ち残ったのはもちろん初めて。またヴォルティスも
大塚FC時代を含めてベスト8の経験はないので、四国勢初の快挙ということになる。
ヴォルティスにいい刺激を与えてくれるのは実にありがたいことだ。

準々決勝では、Honda FCはJ1王者の鹿島アントラーズと、
愛媛FCはナビスコカップ準優勝の川崎フロンターレと対戦する。
下克上がどこまで続くのか、次も期待したい。
posted by ナカヲ at 09:41| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2007-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月08日

京都、守りきってJ1昇格

今日は広島広域公園陸上競技場(広島ビッグアーチ)へJ1・J2入れ替え戦の
第2戦を見に行った。広島市街から長いトンネルを抜けた先にあるビッグアーチは
その名の通り、アーチ状の屋根がかかった非常に大きなスタジアムだ。

正面から見たビッグアーチ

ビッグアーチでは、広島の選手を乗せたバスがスタジアムに到着するのに合わせて
サポーターがフラッグを振り、チャントを歌ってお出迎えをするイベントがある。
メインもゴール裏も関係なく一緒に盛り上がれるので、ヴォルティスでもやりたい。

続きを読む
posted by ナカヲ at 19:04| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2007-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月07日

今井雅隆監督を解任

徳島ヴォルティスは今日、今井雅隆監督を解任することが決まったと発表した。
今井雅隆監督 解任 のお知らせ

ホーム最終戦の後、高本社長が「来季のことは今井監督らともよく話し合って
判断したい」とコメントしていたので、てっきり来シーズンも今井監督で
行くものとばかり思っていたが、「来季の構想をめぐって話し合いをしましたが
決着がつかず、こういう結果になりました」との今井監督のコメントの通り、
フロントとしては監督を交代したほうがいいという結論に至ったのだろう。
なお、監督解任はクラブ史上初めてのこと(田中真二元監督は自ら辞任)。

今井監督は「守備の弱いチームは上へ行けない」という信念の下で守備陣を強化し、
失点数を昨シーズンの92から67へと大幅に減らした。DF河野の負傷がなければ
失点数はもっと少なかっただろうし、成績も去年を上回っていただろう。

続きを読む
posted by ナカヲ at 18:49| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | Soccer 2007-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月06日

天羽が戦力外/青葉が引退

徳島ヴォルティスは今日、天羽良輔選手と来シーズンの契約を結ばないこと、
そして青葉幸洋選手が今シーズン限りで現役を引退することを発表した。
契約満了選手について
青葉幸洋選手 引退のお知らせ

天羽は昨シーズン、クラブ史上初の徳島県出身選手としてヴォルティス入りし、
開幕戦でいきなりスタメンに抜擢された。7月末から9月末にかけて13試合連続で
フル出場を果たしたが、田中監督辞任後は一度もスタメンに入ることができず、
今シーズンもわずか2試合の途中出場にとどまった。まだこれからの選手なので、
新たな所属先での成長を期待したい。

続きを読む
posted by ナカヲ at 19:23| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2007-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月05日

入れ替え戦、京都が先勝

今日は京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場へJ1・J2入れ替え戦、
京都サンガFC(J2)対サンフレッチェ広島(J1)の第1戦を見に行った。

電光掲示板にも入れ替え戦の表示が

入れ替え戦を観戦するのは昨年の第1戦以来2度目。独特の緊張感がたまらない。
12月のナイトゲームということでかなり冷え込みの厳しい中での試合だったが、
両チームのサポーターは早い時間帯から熱く盛り上がり、キックオフの頃には
スタンドはびっしりと埋まっていた。

続きを読む
posted by ナカヲ at 22:23| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2007-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

筒井紀章選手、契約非更改

徳島ヴォルティスは今日、MF筒井と来シーズンの契約を結ばないと発表した。
契約満了選手について

筒井は1997年に横浜マリノスから大塚FCへ移籍し、1年目から活躍した。
1999年にはアルビレックス新潟へ移籍したが、翌2000年に新JFLの大塚FCに復帰、
以後は大塚FCと徳島ヴォルティスでプレーを続けた。とくにJFLを連覇した
2004年と2005年には攻守の要として大活躍し、ヴォルティスのJリーグ入りの
最大の功労者だったと言っても過言ではないと思う。

Jリーグ参入後は怪我に泣かされ、とくに2006年は開幕戦の1試合のみ、
2007年も2試合にしか出場できなかった。出場した試合ではなかなかいい働きを
見せていただけに残念だ。まだまだやれる選手なので、移籍先での活躍を期待したい。
今まで長い間、本当にありがとうございました!
posted by ナカヲ at 15:40| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2007-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月03日

熊本と岐阜のJ加入が決定

Jリーグは今日、都内で臨時理事会を開き、今シーズンのJFLで2位に入った
Jリーグ準会員のロッソ熊本と、同じく3位に入ったJリーグ準会員のFC岐阜の
来シーズンからのJリーグ参入を正式に承認した。
ロッソ熊本、FC岐阜がJリーグ入会

これによって、来シーズンのJ2リーグは15チームで争われることになり、
4回戦制から3回戦制へ移行する。3年続けて奇数チームでのリーグ戦になる点や、
同一カードでホームとアウェイの試合数が違うという不公平感も気にはなるが、
52節から45節になって平日開催が減るのはサポーターとしてはありがたい話だ。
また、1チーム当たりの年間試合数も48から42に減ることになる。

続きを読む
posted by ナカヲ at 17:28| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2007-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ファン感謝祭を開催

昨日、鳴門・大塚スポーツパークアミノバリューホールで徳島ヴォルティスの
ファン感謝祭が行われ、約650人のファンが集まった。
ゲームなどで交流深める 鳴門、ヴォルティスがファン感謝祭

アミノバリューホール2階席からの眺め

入口付近には昨年と同様、チャリティオークションの展示スペースがあり、
今年は子ども限定のオークション(最高額1,000円)も追加されていた。

続きを読む
posted by ナカヲ at 17:08| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2007-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月02日

大森健作選手、現役引退

徳島ヴォルティスは今日、大森健作選手が現役を引退すると発表した。
明日の「シーズン終了謝恩会」で本人からコメントが発表されるとのこと。
大森 健作選手 引退のお知らせ

大森選手はホーム最終戦の後、ヴォルティスから戦力外通告を受けたことを
自身のブログで明らかにしていたが、故障がちな足、そして年齢的なこともあり、
移籍先探しではなく引退という選択をしたようだ。

大森選手は2005年に四国出身選手第1号としてヴォルティスに加入したが、
その後はまさに故障との戦いの連続だった。1年目のシーズン後半にCBとして
活躍した印象が強いが、本職の左SBとしてプレーする姿をもっと見たかった。

札幌へ遠征するたびに、コンサドーレのサポーターに「健作は元気ですか?」と聞かれ、
本当に愛されていたんだなあ、と実感したものだった。
現役生活、お疲れ様でした。そして、ありがとうございました!
posted by ナカヲ at 20:12| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2007-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バンディオンセ、最下位転落

熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で行われている全国地域リーグ決勝大会は今日、
決勝ラウンド最終日の2試合が行われ、第一試合ではファジアーノ岡山FCが
FC Mi-O びわこ Kusatsuを1-0で下し、勝ち点を6に伸ばしてJFL自動昇格となる
2位以内を確定させた。また、この時点でびわこも勝ち点4ながら得失点差の関係で
3位以上が決まり、最悪でもJFLとの入れ替え戦に進める資格を確保した。

続く第二試合では、バンディオンセ神戸とニューウェーブ北九州が対戦。
90分間で勝たなければ最下位が決まってしまう北九州は、前半から積極的に攻め、
35分までに2-0とリードを奪った。90分間で負ければ最下位のバンディオンセも
必死で反撃したが、北九州の堅守の前に前後半合わせてシュート4本に抑えられ、
結局2-0のまま試合終了。

続きを読む
posted by ナカヲ at 20:12| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2007-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岐阜、Jリーグ参入内定

日本フットボールリーグ(JFL)は今日で今シーズンの全日程を終了し、
Jリーグ準加盟のFC岐阜は最下位のアルテ高崎を2-0で下して3位に入った。
日本フットボールリーグ

前節まで3位だったアローズ北陸はジェフユナイテッド市原・千葉リザーブズに
3-3で引き分けて4位に転落、また5位にはTDK SCに4-1で逆転勝ちしたHonda FC、
6位には流通経済大に0-1で敗れたYKK APが入った。

FC岐阜は「JFL4位以内」というJリーグ参入要件をクリアしたことで
来シーズン、ロッソ熊本とともにJリーグに参入することが濃厚となった。
(正式には明日のJリーグ臨時理事会で経営面なども加味して決定される。)

元ヴォルティスのDF小峯、MF田中、FWジョルジーニョをはじめとした
FC岐阜の選手、スタッフ、サポーターの皆さん、おめでとうございます!
来シーズンのJリーグでの対戦、楽しみにしています!
posted by ナカヲ at 20:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2007-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月01日

びわこ、B神戸が勝ち点4

熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で行われている全国地域リーグ決勝大会は今日、
決勝ラウンド第2日の2試合が行われ、バンディオンセ神戸はファジアーノ岡山FCを
スコアレスドローからPK戦の末に4-2で下し、またFC Mi-O びわこ Kusatsuは
ニューウェーブ北九州に90分間で1-0で勝ち、いずれも勝ち点を4に伸ばした。

得失点差で首位はびわこ、2位がバンディオンセとなり、3位には勝ち点3の岡山、
そして4位には勝ち点1の北九州がつけている。

ただ、1位から4位までが勝ち点差3の中にひしめき合っている状況なので、
最終日の結果次第で4チームすべてに昇格の可能性と最下位の可能性がある。
北九州以外の3チームは90分で勝てば2位以内が決まるし、北九州も3位には入れる。
ここまで4試合中3試合がPK戦にもつれ込んでいることからも分かるように、
この4チームの間に力の差はほとんどないのだろう。
JFL入りを賭けた熱い戦いから最後まで目が離せない。
posted by ナカヲ at 23:32| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2007-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

優勝はJ1鹿島、J2札幌

Jリーグは今日、最終節が行われ、J1では鹿島アントラーズが清水エスパルスを
3-0で破り、最下位の横浜FCに0-1で敗れた浦和レッドダイヤモンズを抜いて
奇跡の大逆転優勝を果たした。鹿島はスタートダッシュに失敗しながら、
最後の9試合で9連勝という驚異の追い上げで見事にタイトルをつかんだ。

また、J2ではコンサドーレ札幌が水戸ホーリーホックを2-1で破って優勝を果たし、
前節まで首位だった東京ヴェルディ1969はセレッソ大阪と2-2で引き分けて
2位に転落したものの、札幌とともにJ1昇格を決めた。

なお、J2の3位にはザスパ草津と1-1で引き分けた京都サンガFCが入り、
J1の16位・サンフレッチェ広島とJ1・J2入れ替え戦を戦うことになった。
チームカラーはどちらも紫色。紫ダービーの入れ替え戦だ。

優勝、昇格を決めたクラブの関係者、サポーターの皆さん、おめでとうございます!
そして入れ替え戦に進む両チームの皆さん、最後まで頑張ってください!
posted by ナカヲ at 23:20| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2007-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。