2011年11月29日

鳴門高、延長TBで初戦敗退

先週の23〜27日、東京の明治神宮野球場で明治神宮野球大会が行われ、徳島県勢として6年ぶりに出場した鳴門高は初戦の2回戦で北照高(北海道)と対戦したが、1-1の同点から延長タイブレークの末、3-5で惜敗した。
鳴門、4強逃す 明治神宮野球大会

明治神宮大会の高校の部は、全国10地区の秋季大会優勝校によって争われ、四国からは徳島県勢として2005年の小松島高以来となる優勝を飾った鳴門が、32年ぶり2度目の出場を決めていた。

ちなみに32年前は、四国大会が明治神宮大会より後に行われていたため、四国からは優勝校ではなく四県の持ち回りで県大会優勝校が出場していた。この大会で鳴門は後にNPB入りする秦真司捕手らを擁して準優勝に輝いている。

続きを読む
posted by ナカヲ at 18:39| 徳島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2008-2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月09日

IL年間MVPに徳島ISの大川

四国アイランドリーグplusは昨日、高松市内で「四国アイランドリーグplus AWARD 2011」を開催し、今シーズンの年間MVPと後期MVP、年間ベストナインを発表した。
四国アイランドリーグplusAWARD2011が開催されました

年間MVPには、初の年間総合優勝に輝いた徳島インディゴソックスから大川学史投手が選ばれた。大川投手は入団3年目の今シーズン、エースとして22試合に登板、リーグ最多の4完封を含む15勝(5敗)を挙げて最多勝利投手のタイトルを獲得したほか、154回1/3を投げて防御率2.10(リーグ4位)、奪三振109(リーグ2位)という好成績でチームを初優勝に導いた。大川投手の年間MVP受賞はもちろん初めてで、徳島の選手が年間MVPを受賞するのも初めてのこと。
2011年度年間リーグMVPは大川選手(徳島IS)に決定

続きを読む
posted by ナカヲ at 19:22| 徳島 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Baseball 2008-2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月27日

徳島IS、敵地・石川で2連敗

プロ野球の独立リーグ日本一を決める日本独立リーグ・グランドチャンピオンシップが先週末の22日に石川県立野球場で開幕し、四国アイランドリーグplusで初優勝を飾った徳島インディゴソックスは、ベースボールチャレンジリーグで2年連続3度目の優勝を飾った石川ミリオンスターズと対戦したが、第1戦、第2戦ともに落とし、初の日本一へ後がなくなった。

リーグ優勝決定から20日間試合がなく、実戦感覚に不安を残してのシリーズ開幕となった徳島は、まず第1戦でエースの大川投手を先発に立てたが、2回裏に一死二三塁から暴投で先制を許すと、3回裏にも追加点を奪われ、大川は4回途中7安打2失点で降板した。徳島は後続の投手も失点を重ね、打っては6回表に四番・大谷龍、8回表に五番・山村のタイムリーでそれぞれ1点を返したものの、2-6で敗れた。
インディゴソックス、初戦を落とす

続きを読む
posted by ナカヲ at 18:37| 徳島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2008-2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月06日

月間MVPに徳島IS・大谷龍

四国アイランドリーグplusは昨日、9月度の月間MVP受賞選手を発表し、野手部門に徳島インディゴソックスの大谷龍次外野手が選ばれた。
2011年9月度 月間MVP受賞選手の発表

大谷龍は鹿児島県出身の23歳。高校卒業後、軟式でプレーしていたが、2007年秋にNPBマリーンズの入団テストに合格し、育成選手ドラフトで5巡目指名を受けた。しかしマリーンズでは2008年からの2年間でファームの計18試合に出場するにとどまり、2009年限りで自由契約となった。

翌2010年にはトライアウトを経て徳島に入団、開幕から主力として活躍したが、シーズン半ば以降は打撃不振に陥り、結局、打率.249、6本塁打、32打点と不本意な成績に終わった。

続きを読む
posted by ナカヲ at 18:41| 徳島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2008-2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月04日

徳島IS、3勝1敗で総合優勝

四国アイランドリーグplusは一昨日、JAバンク徳島スタジアムでチャンピオンシップ第4戦を行い、2勝1敗で総合優勝に王手をかけていた前期優勝の徳島インディゴソックスが、5度目の年間総合優勝を狙う後期優勝の香川オリーブガイナーズを2-1の逆転で下して、初の年間総合優勝に輝いた。
徳島インディゴソックス 初の総合優勝
インディゴソックス、最後も逆転勝利

香川は1回表に五番・国本のタイムリーで先制すると、2回以降も毎回、先頭打者を塁に出してチャンスを作ったが、徳島の先発投手・シモンの粘り強い投球に抑えられて追加点を奪えなかった。逆に徳島は4回まで香川の先発投手・大場にわずか1安打に抑えられていたが、5回裏に3安打を集中して二死二三塁から三番・國信の2点タイムリーで逆転した。

続きを読む
posted by ナカヲ at 12:16| 徳島 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Baseball 2008-2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月01日

徳島IS、CS初制覇に王手

徳島スポーツビレッジでサッカーを2試合観戦した後は、路線バスでJAバンク徳島スタジアム(徳島県蔵本運動公園野球場)へ移動して四国アイランドリーグplusのチャンピオンシップ第3戦、徳島インディゴソックス対香川オリーブガイナーズを観戦。

蔵本運動公園は今年の3月からJAバンクが命名権を取得し、JAバンク蔵本公園という愛称が付けられた。それに伴って野球場もJAバンク徳島スタジアムと命名された。

JAバンク蔵本公園の入り口 JAバンク徳島スタジアム正面

続きを読む
posted by ナカヲ at 23:55| 徳島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2008-2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月30日

徳島IS、1勝1敗でホームへ

四国アイランドリーグplusは今月25日と26日に香川県のレクザムスタジアム(香川県営野球場)でチャンピオンシップの第1戦と第2戦を行い、第1戦は後期優勝の勢いを持続した香川オリーブガイナーズが5-0の完封勝利を収めたが、第2戦は前期優勝で年間勝率トップの徳島インディゴソックスが8-2で圧勝し、対戦成績を1勝1敗の五分とした。
インディゴソックス、0−5で初戦落とす
徳島インディゴソックス快勝、1勝1敗

25日の第1戦、徳島は先月の月間MVPを受賞したシモン投手を先発に立てたが、初回に守備の乱れから2失点するなど6回までに5点を奪われた。7回以降は後続の投手がよく抑えたが、打線は香川の酒井投手に8回まで5安打無得点に封じられ、9回もリリーフした冨田投手に3人で片づけられて完敗した。

続きを読む
posted by ナカヲ at 12:23| 徳島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2008-2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月25日

香川OG、最終戦で優勝決定

四国アイランドリーグplusは一昨日、後期の最終戦が行われ、首位の香川オリーブガイナーズが最下位の三重スリーアローズを3-0で下して、2年連続4度目の後期優勝を決めた。
インディゴソックス、後期Vならず

今シーズンのアイランドリーグは、前期は徳島インディゴソックスが悲願の初優勝を果たしたが、後期は開幕から香川が快調に飛ばし、それを徳島が追いかける展開となった。そして9月に入ってからは何度も首位が入れ替わるデッドヒートが続き、ともに3試合を残して香川が徳島に0.5ゲーム差をつけた状態で22日に直接対決のダブルヘッダーが行われた。

どちらかが連勝すれば優勝決定(香川は1勝1分でも優勝決定)という注目のダブルヘッダーは、まず第一試合で徳島が四番・大谷の逆転満塁本塁打によって5-4と先勝、優勝に王手をかけた。

続きを読む
posted by ナカヲ at 08:15| 徳島 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | Baseball 2008-2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月14日

月間MVPに徳島ISのシモン

四国アイランドリーグplusは先週末の9日、8月度の月間MVP受賞選手を発表し、投手部門に徳島インディゴソックスのレヒナル・シモン投手が選ばれた。
2011年8月度月間MVP受賞選手の発表

シモンはハイチ共和国出身の21歳。189cmの長身から繰り出す速球と多彩な変化球を武器とする右腕投手で、17歳の時にMLBフィラデルフィア・フィリーズとマイナー契約した。先月、ドミニカのカープアカデミーからの派遣で徳島に入団すると、4試合に登板して4勝、防御率2.22(24回1/3を投げて自責点6)という素晴らしい活躍でチームの好調を支えた。ちなみに今月に入って最初の登板試合で引き分け、デビューからの登板試合連勝は4で途絶えた。

徳島の選手が月間MVPを受賞するのは、先月の東弘明内野手に続いて2ヶ月連続で、今シーズン3度目。徳島は現在、首位・香川オリーブガイナーズにわずか勝率2厘差の2位につけており、前期に続いて後期も優勝を果たすべく、さらに加速したい。
posted by ナカヲ at 08:12| 徳島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2008-2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月29日

チャンピオンシップ日程決定

四国アイランドリーグplusは先週の25日、前期優勝した徳島インディゴソックスが初めて出場することになる今シーズンのリーグチャンピオンシップの日程を発表した。
リーグチャンピオンシップの開催日程について

リーグチャンピオンシップは前期と後期の優勝チームの間で5回戦制で争われる年間王者決定戦。まずは9月23〜24日(予備日同25〜26日)に後期優勝チームのホームで2試合が行われ、その後、10月1〜3日(予備日同4〜6日)に前期を制した徳島のホームゲームがJAバンク徳島スタジアム(徳島県蔵本運動公園野球場)で行われる。

なお、徳島が前期、後期ともに優勝した場合は、1勝のアドバンテージを得たうえで年間勝率2位チームと対戦することになるため、9月23、24日のいずれかの試合が行われない(自動的に徳島に1勝が与えられる)。また、どちらかが3勝して年間王者が決定した時点でシリーズは打ち切りとなり、残りの試合は行われない。
posted by ナカヲ at 12:29| 徳島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2008-2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月17日

徳島商、惜敗でベスト8逃す

全国高校野球選手権大会は一昨日、3回戦の4試合が行われ、第二試合に登場した徳島県代表の徳島商業高は光星学院高(青森)と対戦したが、5-6で競り負け、14年ぶりの準々決勝進出はならなかった。
第93回全国高校野球・第10日 徳島商反撃届かず

徳島商は1回裏、先頭の増富が二塁打で出塁しながら無得点に終わると、2回表に先発投手のエース・龍田祐が二死無走者から内野安打で初安打を許し、さらに次打者には本塁打を打たれて2点を先制されてしまった。

しかし徳島商も負けじと2回裏、五番・生田の二塁打を皮切りに怒涛の3連打で1点を返すと、さらに二死満塁から二番・竹内のタイムリーで2点を奪って逆転に成功した。

続きを読む
posted by ナカヲ at 08:56| 徳島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2008-2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月16日

月間MVPに徳島ISの東

四国アイランドリーグplusは今月10日、7月度の月間MVP受賞選手を発表し、野手部門に徳島インディゴソックスの東弘明内野手が選ばれた。
2011年7月度 月間MVP受賞選手の発表

東は滋賀県出身の19歳。八日市南高3年の一昨年の秋にアイランドリーグのトライアウトを受験し、新人ドラフトで徳島から全体1位指名を受けて翌年入団した。昨シーズンは序盤こそ3割を超える高い打率をマークしたものの、長丁場のリーグ戦を乗り越えられず、次第に失速、逆に今シーズンは開幕から低調だったが、先月は打率.529(34打数18安打)、本塁打1、打点6と活躍し、とくに得点圏打率は驚異の.667を記録した。

徳島の選手が月間MVPを受賞するのは、4月に松嶋亮太内野手が受賞して以来3ヶ月ぶりで、今シーズン2度目。徳島は現在、首位・香川オリーブガイナーズに0.5ゲーム差の2位につけているが、前期に続いて後期も優勝すべく、ここからの追撃に期待したい。
posted by ナカヲ at 18:07| 徳島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2008-2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月12日

徳島商、11年ぶり初戦突破

先週末に開幕した全国高校野球選手権大会は昨日、2回戦の4試合が行われ、第三試合には4年ぶり23回目の出場を果たした徳島県代表の徳島商業高が登場、藤代高(茨城)に3-1で逆転勝ちし、徳島県勢として3年ぶり、同高としては11年ぶりの初戦突破を果たした。
徳島商、藤代に逆転勝ち 全国高校野球

徳島商は1回表、先発投手の龍田祐がいきなり藤代の先頭打者に二塁打を打たれ、送りバントの後に暴投で先制点を許してしまった。しかし徳島商は4回裏に4安打を集中し、五番・生田、七番・岸のタイムリーで2-1と逆転に成功。徳島県勢がこの大会で得点を挙げたのは、3年前の2回戦で市立鳴門工業高が4回に2点を挙げて以来で、実に27イニングぶりだった。徳島商は続く5回裏にも三番・幸田のタイムリー二塁打で加点すると、守ってはエース・龍田祐が9回を4安打1四球とほぼ完璧な投球を披露し、3-1の快勝で初戦を突破した。

続きを読む
posted by ナカヲ at 12:20| 徳島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2008-2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月22日

四国4県の前期MVPに岩根

四国アイランドリーグplusは一昨日、四国4県知事連携による前期の四国4県各チーム優秀選手賞(チームMVP)と四国4県全体の最優秀選手賞(四国4県MVP)の受賞者を発表し、徳島インディゴソックスの岩根成海投手がチームMVPと四国4県MVPの両方を受賞した。
四国4県知事連携による前期シーズンMVP表彰について

岩根は島根県出身の23歳。出雲西高から帝京大を経て昨シーズン、徳島に入団し、今シーズンの前期は主にセットアッパーとして20試合に登板、33イニングを投げて1勝0敗、奪三振35、防御率0.55という素晴らしい成績をマーク。チームの初優勝に大きく貢献した。

リーグは今月から後期に入り、徳島はここまで4勝3敗で、首位の香川オリーブガイナーズ(4戦全勝)に次ぐ2位タイにつけている。岩根はやや防御率を落としているものの、後期だけですでに2勝を挙げており、前・後期完全制覇へ向けて、そして目標のNPB入りへ向けて、さらなる活躍を期待したい。
posted by ナカヲ at 12:13| 徳島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2008-2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月14日

IL前期MVPに徳島IS松嶋

四国アイランドリーグplusは11日、前期のリーグMVPを発表し、初優勝を果たした徳島インディゴソックスの松嶋亮太内野手が選ばれた。
前期リーグMVPは松嶋選手(徳島IS)に決定

松嶋は島根県出身の23歳。浜田高から大分大を経て今シーズン、徳島に入団し、前期は打率.433(104打数45安打)、17打点、2本塁打、5盗塁の好成績でチームのリーグ初優勝に大きく貢献した。

徳島の選手がリーグの(前期・後期・年間の)MVPを受賞するのは球団創設7年目にして初めて。後期に入ってから多少、打率を落としているが、まだリーグ史上最高打率の.364(2009年の福岡レッドワーブラーズ・中村真崇内野手が記録)を大きく上回っているので、引き続き活躍を続けて首位打者のタイトルを獲得し、チームを年間総合優勝に導くとともに目標のNPB入りを果たしてほしいものだ。
posted by ナカヲ at 06:14| 徳島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2008-2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月29日

徳島IS、創設7年目で初優勝

四国アイランドリーグplusで前期優勝にマジック1と迫っていた徳島インディゴソックスは今日、高知市野球場で行われた対高知ファイティングドッグス7回戦に3-0で勝ち、球団創設7年目にして悲願の初優勝を決めた。
インディゴソックス、悲願の初V
徳島ISの前期優勝決定!IL5監督のコメント

25日の前期ホーム最終戦で三重スリーアローズを6-2で下して優勝へのマジックを1としていた徳島は、翌26日に三重県の津球場公園内野球場で再び三重と対戦したが、2-8の大差で敗れて優勝は持ち越しとなり、さらに27日には高知とのダブルヘッダーを戦う2位の愛媛マンダリンパイレーツが1試合でも敗れるか引き分ければ優勝が決まる状況だったが、愛媛が連勝したため、またしても優勝決定は先送りとなっていた。

続きを読む
posted by ナカヲ at 14:23| 徳島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2008-2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月02日

徳島ISに初のマジック点灯

四国アイランドリーグplusは昨日、高知市野球場で2位の高知ファイティングドッグスが3位の愛媛マンダリンパイレーツに1-11の大敗を喫し、高知の自力優勝が消滅したため、試合のなかった首位・徳島インディゴソックスに前期優勝へのマジック9が点灯した。徳島に優勝マジックが点灯するのは、球団創設7年目にして初めてのこと。
徳島インディゴソックス、前期「M9」点灯

現在3連勝中の徳島は、15勝4敗1分の勝率.789で、12試合を残して2位の愛媛と3位の高知にいずれも4.0ゲーム差をつけている。3位の高知が徳島戦4試合を含む残り11試合に全勝したとしても、徳島は高知戦以外の残り8試合に全勝すれば勝率で高知を上回ることができるため、徳島に優勝マジックが点灯した。なお、高知を上回るのに必要な勝利数は8だが、昨日の勝利で2位へ浮上した愛媛が徳島戦2試合を含む残り12試合に全勝した場合、徳島は残り12試合で9勝する必要があるため、優勝マジックは9となる。残り12試合、初の優勝を目指して一気に突き進んでほしい。
posted by ナカヲ at 12:50| 徳島 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2008-2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月12日

月間MVPに徳島ISの松嶋

四国アイランドリーグplusは一昨日、4月度の月間MVP受賞選手を発表し、野手部門に徳島インディゴソックスの松嶋亮太内野手が選ばれた。
2011年4月度月間MVP受賞選手の発表

松嶋は島根県出身の23歳。浜田高から大分大を経て今シーズン、徳島に入団し、主に七番・三塁手として4月の全9試合に出場。打率.441(34打数15安打)、打点6という見事な活躍で、球団史上初の開幕ダッシュに大きく貢献した。

徳島の選手が月間MVPを受賞するのは、昨年6月に弦本悠希投手(現・NPBカープ)と斎藤雅俊内野手(引退)がダブル受賞して以来で、入団1年目の4月に受賞するのは球団史上初めての快挙。徳島は現在、2位・愛媛マンダリンパイレーツに2.5ゲーム差をつけて首位を独走しており、この勢いで初優勝へ突き進みたい。
四国IL、徳島6年ぶり単独首位
posted by ナカヲ at 18:19| 徳島 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2008-2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月06日

徳島IS、6年ぶり単独首位に

四国アイランドリーグplusの徳島インディゴソックスは昨夜、ホームの徳島県南部健康運動公園野球場(アグリあなんスタジアム)で愛媛マンダリンパイレーツと対戦し、5-3で勝利を収めた。すでに昼間の試合で首位タイの高知ファイティングドッグスが香川オリーブガイナーズにサヨナラ負けを喫していたため、徳島は今シーズン初の単独首位へ浮上した。なお、徳島の首位は2005年9月以来、実に6年ぶりのこと。
四国アイランドリーグplus公式サイト

今シーズンの徳島は、初の開幕連勝を飾った後、高知との直接対決に1勝2敗と負け越したものの、その後は愛媛にリーグ史上最多タイの20得点を奪って快勝するなど怒濤の4連勝で4月30日には高知と並んで同率首位に立った。5月に入って一度は愛媛に抜かれて2位タイに後退したものの、一昨日の試合で愛媛に競り勝って高知とともに首位タイに返り咲くと、昨日の試合でも愛媛に逆転勝ちし、高知が敗れたためについに単独首位に立った。シーズンはまだ始まったばかりだが、この調子で初優勝目指して突き進んでほしい。
posted by ナカヲ at 12:48| 徳島 | Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2008-2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月13日

徳島IS、球団初の開幕2連勝

「四国・九州アイランドリーグ」改め「四国アイランドリーグplus」は、今月2日に「四国アイランドリーグ」時代から通算して7年目のシーズンが開幕した。徳島インディゴソックスは先週末の9日、徳島県蔵本運動公園野球場改めJAバンク徳島スタジアムに新加入の三重スリーアローズを迎えて開幕戦を行い、5-4で勝利を収めた。
四国アイランドリーグplus

徳島は2回裏、四番・大谷龍のソロ本塁打で先制すると、続く3回裏には六番・根鈴の3ラン本塁打などで4点を追加した。守っては山村、坂井と登録した捕手2人が相次いで負傷退場するアクシデントに見舞われながらも、先発の大川投手から石田、富永とつないで三重の反撃をしのぎ切った。
徳島インディゴソックス、ホーム開幕戦勝利

続きを読む
posted by ナカヲ at 08:51| 徳島 | Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2008-2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。