2010年08月05日

鳴門高は沖縄・興南高と対戦

今週末の7日に開幕する全国高校野球選手権大会の組み合わせ抽選会が昨日、兵庫県西宮市で行われ、徳島県代表の鳴門高は1回戦で興南高(沖縄)と対戦することが決まった。
高校野球組み合わせ決まる/興南は鳴門と対戦

興南は高校球界屈指の左腕・島袋投手を擁して選抜高校野球大会を制しており、今大会では史上6校目の春夏連覇を目指す。今大会に出場する49チームの中でも最も力のあるチームのひとつであることは間違いない。

ただ、相手は同じ高校生。甲子園での実戦経験が豊富とはいえ、3年生にとっては負ければ引退となる夏の大会の初戦であり、先制して焦りを誘う展開に持ち込めれば勝機も出てくるはずだ。

続きを読む


posted by ナカヲ at 08:26| 徳島 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | Baseball 2008-2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月16日

徳島ISの前期MVPに角野

四国・九州アイランドリーグは一昨日、四国4県知事連携による前期の四国4県各チーム優秀選手賞(チームMVP)と四国4県全体の最優秀選手賞(四国4県MVP)の受賞者を発表し、徳島インディゴソックスのチームMVPには角野雅俊投手が選ばれた。
四国4県知事連携による前期シーズンMVP表彰について(PDF)

角野は前期、14試合に登板して86イニングを投げ、8勝3敗、奪三振46、防御率2.61をマーク。投球回数、勝利数、奪三振数、防御率(規定回以上)はいずれもチームトップの好成績で、球団史上最高勝率を記録したチームに大きく貢献した。

角野はこのリーグがスタートした初年度から在籍し続けている数少ない選手の一人で、現在リーグ通算39勝を挙げているが、これはリーグ史上最多タイ記録。NPB入りを果たせていないがゆえの長期在籍で、手放しでは喜べない部分もあるが、立派なものだ。

続きを読む
posted by ナカヲ at 12:14| 徳島 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Baseball 2008-2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月02日

徳島IS、球団史上最高成績

四国・九州アイランドリーグは今日、前期の全日程を終了し、徳島インディゴソックスは20勝15敗3分、勝率.571の成績で、参加5チーム中の3位に入った。
徳島インディゴソックス、前期3位 貯金5

インディゴソックスが3位以上に入ったのは、アイランドリーグ初年度の2005年シーズン(1シーズン制)以来5年ぶりのことで、勝ち越しもそのシーズン以来。また、勝率.571と貯金5はいずれも球団史上最高の成績だった。

今シーズンはオーナー企業の撤退により、リーグ本体が球団を経営・運営するという非常事態に見舞われたが、その危機感が逆にプラスに働いたのか、4年間続いた低迷期をようやく脱することができた。

続きを読む
posted by ナカヲ at 21:29| 徳島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2008-2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月10日

5年ぶり月間MVPダブル受賞

四国・九州アイランドリーグは一昨日、5月度の月間MVP受賞選手を発表し、投手部門では徳島インディゴソックスの大川学史投手、野手部門では徳島インディゴソックスの山村裕也捕手がともに初めて選ばれた。
2010年5月度 月間MVP受賞選手の発表(PDF)

大川は先月、5試合に登板して4勝をマークし、防御率1.64(投球回33で自責点6)という好成績を収めた。また、山村は捕手ながら打率.371(35打数13安打)、本塁打1、打点11、盗塁4をマークし、得点圏打率は6割という高い数字を残した。

私が観戦した先月21日の三重スリーアローズ戦でも、大川は先発で8回を無失点に抑え、山村は5打数4安打8打点、本塁打1本、三塁打1本の大活躍だった。

続きを読む
posted by ナカヲ at 12:54| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Baseball 2008-2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月21日

山村、5打数4安打8打点

今日は三重県の津球場公園内野球場へジャパンフューチャーベースボールリーグ・四国・九州アイランドリーグ交流戦の三重スリーアローズ対徳島インディゴソックスを見に行った。

津球場公園内野球場の正面

ジャパンフューチャーベースボールリーグは今シーズン新たに誕生したプロ野球独立リーグだが、所属チームは三重と関西独立リーグから脱退した大阪ゴールドビリケーンズのみ。リーグ内で一カードしか行えないため、アイランドリーグと交流戦を行っている。

続きを読む
posted by ナカヲ at 23:08| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | Baseball 2008-2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月07日

IL開幕戦、徳島ISが初勝利

四国・九州アイランドリーグは先週末の3日(土)、6年目のシーズンが開幕し、徳島県蔵本運動公園野球場で愛媛マンダリンパイレーツと対戦した徳島インディゴソックスは、劇的な逆転サヨナラ勝ちで開幕戦を飾った。
徳島、白星発進 四国・九州Iリーグ
徳島、九回に劇的逆転劇

福岡レッドワーブラーズから復帰したかつてのエース・角野を先発投手に起用した徳島は、2回表までに0-3とリードされたが、NPBマリーンズ(育成選手)から加入した大谷の本塁打などですぐに同点に追いついた。そして、再び愛媛に2点のリードを許し、3-5で迎えた9回裏の攻撃では、一死無走者から神谷のタイムリーと相手のエラーで同点に追いつくと、最後は白川大がサヨナラ打を放った。

続きを読む
posted by ナカヲ at 23:56| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2008-2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月04日

選抜応援団最優秀賞に川島

第82回選抜高校野球大会の大会本部は昨日、応援団の最優秀賞に徳島県から初めて21世紀枠で出場した川島高の応援団を選出し、決勝戦終了後の閉会式で表彰した。
選抜高校野球、川島応援団に最優秀 人文字「K」鮮やか
【センバツ】21世紀枠の川島、応援団の最優秀賞

徳島県の高校が応援団最優秀賞を受賞するのは初めてとのこと。ベスト4まで勝ち進んだ強豪・大垣日本大学高(岐阜)と対戦した1回戦では、ほぼ満員のアルプススタンドにKの人文字を作ったり、各イニングの攻撃の前に徳島ヴォルティスの応援チャント「ロクセット」の替え歌を歌って盛り上げるなど、スタンド一丸となった応援で選手たちを後押しし、チームは延長戦の末、2-3でサヨナラ負けしたものの、強豪相手に互角の戦いを繰り広げた。

徳島ヴォルティスのゴール裏で声を出して応援している者として、この受賞はとてもうれしいニュースだった。ヴォルティスのゴール裏もいつかJリーグで最優秀と言われるまでに成長していきたいものだ(J1で優勝するよりも長い道のりになるかもしれないが)。
posted by ナカヲ at 13:56| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2008-2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月27日

川島、サヨナラ負けも大健闘

今日は阪神甲子園球場へ選抜高校野球大会の1回戦を見に行った。お目当てはもちろん、徳島県から初めて21世紀枠で甲子園に出場する川島高だ。今日の関西は陽射しはあるが、気温が真冬並みに低く、とても寒い。

甲子園球場の正面入り口の横には、当日と翌日の対戦カードが書かれたボードが設置されているが、そこに書かれた川島の文字が気持ちを高めてくれる。

対戦表に「川島」の文字が!

続きを読む
posted by ナカヲ at 19:45| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Baseball 2008-2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月13日

川島、1回戦は大垣日大と

今日、今月21日に開幕する選抜高校野球大会の組み合わせ抽選会が行われ、徳島県から初めて21世紀枠で出場する川島高は大会第5日の第二試合で大垣日本大学高(岐阜)と対戦することが決まった。
川島、初戦は大垣日大 選抜高校野球 組み合わせ決まる

大垣日大と言えば昨秋の明治神宮大会の優勝校で、前回選抜に出場した3年前は初出場で準優勝に輝いている強豪中の強豪。相手にとって不足はないどころか、いきなりの優勝候補との対戦だ。しかも、もし初戦を突破できたとしても、同じブロックには全国優勝経験もある大阪桐蔭高や、高校生No.1右腕との呼び声も高い一二三投手を擁して優勝候補の筆頭にも挙げられている東海大学付属相模高(神奈川)など、強豪校がひしめきあっており、上位進出は容易ではない。

続きを読む
posted by ナカヲ at 16:24| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | Baseball 2008-2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月10日

徳島ISの運営母体が撤退

四国・九州アイランドリーグの徳島インディゴソックスは今日、徳島市内で記者会見を開き、球団の運営母体(筆頭株主)である株式会社ユーセイホールディングスが今月31日をもって球団の経営から撤退すると発表した。
徳島IS 記者会見について(PDF)

ユーセイホールディングスは石井町で老人福祉・介護事業などを営んでいる会社で、社長の手束直胤氏は医療法人有誠会手束病院の理事長であると同時に、アイランドリーグの専務理事、インディゴソックスのオーナーも務めていた。

来月1日からは暫定的に四国・九州アイランドリーグ本体が球団経営・運営を行い、引き続き新オーナーシップの募集とスポンサー獲得に努めていくとのこと。2006年以降、ほぼ毎年のように最下位に低迷しており、昨シーズンは1試合平均の観客数が738人(前年比26%減)と集客面でも大きく落ち込んだだけに、有能な経営者が一日も早く現れることを期待したい。
posted by ナカヲ at 23:02| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2008-2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月27日

四国・九州IL、今季日程発表

四国・九州アイランドリーグは昨日、今シーズンのリーグ公式戦160試合と、今シーズンからスタートする新たな独立リーグであるジャパン・フューチャーベースボールリーグ(JFBL)との交流戦60試合の計220試合の日程を発表した。
2010年度 公式戦・交流戦について(PDF)

すでに発表されている通り、今シーズンは前・後期38試合ずつ(うち6試合ずつはJFBLとの交流戦)で争われ、その後、前期と後期の優勝チームによるリーグチャンピオンシップが行われる。前期は4月3日から6月27日まで、後期は7月3日から9月26日までの予定で、リーグチャンピオンシップは10月2〜3、8〜10日に行われる。

徳島インディゴソックスのホームゲームは、徳島県蔵本運動公園野球場で最多の14試合、徳島県南部健康運動公園野球場(アグリあなんスタジアム)で12試合、鳴門・大塚スポーツパークオロナミンC球場で10試合、そして三好市の吉野川運動公園野球場では今年も2試合が行われる。昨年は全く見られなかったので、今年は1試合でも見に行きたいものだ。
posted by ナカヲ at 18:59| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2008-2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月12日

IL選抜、NPB一軍と交流戦

四国・九州アイランドリーグは10日、リーグ選抜チームが来月16日(火)にNPBホークスの一軍と福岡Yahoo! JAPANドームで交流試合を行うことが決まったと発表した。
3月16日に四国・九州IL選抜が福岡ソフトバンクホークスと交流戦(PDF)

アイランドリーグ選抜チームとNPB球団の交流試合は今や珍しくもないが、NPB球団側がベストメンバー(一軍)で臨むのは2005年の四国アイランドリーグ結成以来、6年目にして初めてのこと。それだけリーグへの評価が高まっているのだろう。

ホークスの一軍はこの試合の後、ファンとの壮行会を開催する予定で、来月20日(土)に開幕するパシフィック・リーグ公式戦へ向けての最後の調整試合、そしてファンの前での壮行試合ということになる。大勢のファンの前でいいアピールをしたいところだ。

続きを読む
posted by ナカヲ at 00:46| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2008-2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月29日

川島、21世紀枠で甲子園へ

今日、3月21日に開幕する第82回選抜高校野球大会の出場校を決める選考委員会が行われ、四国地区の21世紀枠候補校に選ばれていた川島高(徳島)が出場校に選出された。川島は春夏通じて初の甲子園出場で、徳島県勢としては2年ぶりの選抜出場(21世紀枠での出場は県勢初)となる。
川島高校がセンバツ初出場(『徳島新聞』PDF号外)

川島は昨秋の徳島大会で3位に入り、初出場した四国大会でも高松高(香川)を破ってベスト8へ進出。準々決勝では準優勝した高知高に2-3でサヨナラ負けしたが、健闘が光った。

21世紀枠は東日本、西日本からそれぞれ1校ずつが選ばれ、残り6地区の候補校の中からさらに1校が選ばれるが、川島は西日本の候補校の中で唯一、春夏通じて一度も甲子園出場経験がなかったので、選ばれる可能性は高いと思っていた。

続きを読む
posted by ナカヲ at 17:31| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Baseball 2008-2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月16日

四国の21世紀枠候補に川島

日本高等学校野球連盟は昨日、来春行われる第82回選抜高校野球大会の
21世紀枠候補9校を発表し、四国地区からは徳島県高野連が推薦していた
川島高が選ばれた。
川島、21世紀枠候補に 第82回選抜高校野球

川島は今秋の県大会で3位に入り、初めて出場した四国大会でも初戦突破。
準々決勝では高知高に2-3のサヨナラ負けを喫したが、健闘が光った。

徳島県の高校が四国地区の21世紀枠候補校に選ばれるのは第72回大会と
第80回大会の富岡西高以来、2年ぶり3回目で、もし出場校に選出されれば
制度導入10年目にして初めてとなる。

続きを読む
posted by ナカヲ at 18:34| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2008-2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月02日

IL×JFBLの交流戦開催へ

四国・九州アイランドリーグは昨日、来シーズンから開幕予定の新リーグ
「ジャパン・フューチャーベースボールリーグ(JFBL)」の2球団と交流戦を
ホーム、アウェイ各3試合ずつ行うことが決まったと発表した。
2010年シーズンJFBLとの交流戦について(PDF)

JFBLは、関西独立リーグ参入を撤回した新球団・三重スリーアローズが
同リーグの大阪ビリケーンズとともに設立した新リーグで、来シーズンは
2球団のみで運営される。2球団のみでは対戦カードが1つに限られるため、
直接対決24試合(ホーム、アウェイ各12試合)の他にアイランドリーグとの
交流試合を両球団とも30試合ずつ(各カード6試合)行うことにしたもの。

グランドチャンピオンシップがあるとはいえ、レギュラーシーズンの公式戦で
他リーグのチームと対戦するのは初めての試みであり、なかなか興味深い。
posted by ナカヲ at 23:45| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2008-2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月05日

高知FD優勝でIL勢が3連覇

四国・九州アイランドリーグ年間総合優勝の高知ファイティングドッグスと
ベースボールチャレンジリーグを制した群馬ダイヤモンドペガサスによる
日本独立リーググランドチャンピオンシップが先月24日から今月3日まで
5試合にわたって行われ、高知が3勝2敗で初優勝を果たした。
日本独立リーググランドチャンピオンシップ2009
報知新聞社特別協賛高知FD対群馬DP第5戦試合結果
(PDF)

高知は群馬県で行われた第1戦と第2戦に勝ち、優勝に王手をかけたが、
雨による順延の後に高知市野球場で行われた第3戦と第4戦はいずれも
逆転負けを喫し、逆に王手をかけられてしまった。しかし運命の第5戦は
野原投手が2安打1失点の好投を見せ、2-1で競り勝った。

続きを読む
posted by ナカヲ at 23:58| ⛄| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2008-2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月30日

徳島ISの荒張にドラフト指名

昨日開催されたNPBドラフト会議で、徳島インディゴソックスに所属する
荒張裕司捕手がファイターズの6位指名を受けた。インディゴソックスの
選手では、2007年の育成ドラフトで小林憲幸投手がマリーンズの指名を
受けて初のNPB入りを果たしたが、本会議での指名は球団史上初めて。
(スポット加入も含めるなら、2006年秋にインディゴソックスでプレーした
多田野数人投手が、2007年にファイターズの1位指名を受けているが。)
四国・九州ILから3人の選手がドラフト指名を受けました!

荒張は大阪府出身の20歳。日本航空第二高(石川)から愛知学院大に
進学したが、大学を中退して昨年7月からインディゴソックスに入団した。
昨年は19試合に出場し、捕手でありながらも.325という高打率をマーク、
今シーズンは全80試合に出場して、リーグ10位の打率.301を記録した。

続きを読む
posted by ナカヲ at 08:54| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2008-2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月13日

IL選抜がノーヒットノーラン

昨日、みやざきフェニックス・リーグ(NPB秋季教育リーグ)に参戦中の
四国・九州アイランドリーグ選抜チームは綾町錦原運動公園野球場で
フューチャーズ(イースタンリーグ混成チーム)と対戦し、5-0で勝った。
10月12日フェニックス・リーグ フューチャーズ−四国・九州IL選抜試合結果(PDF)
IL選抜、5投手継投でノーヒットノーラン フェニックスリーグ

アイランドリーグ選抜は、先発投手のゲレロ(徳島インディゴソックス)が
5回を投げて与四球4ながら無安打、6奪三振となかなかの好投を見せると、
6回から松居(香川オリーブガイナーズ)、山田(福岡レッドワーブラーズ)、
角野(同)、伊代野(高知ファイティングドッグス)が1イニングずつを抑え、
フューチャーズ打線を無安打無得点に封じた。

続きを読む
posted by ナカヲ at 23:35| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2008-2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月05日

高知FD、3連勝で4年ぶりV

四国・九州アイランドリーグは先週末の3日、長崎県の佐世保野球場で
リーグチャンピオンシップ第3戦が行われ、高知ファイティングドッグスが
長崎セインツを3-1で破って、3連勝で年間総合優勝を決めた。
チャンピオンシップ第3戦、高知が3連勝で年間総合優勝(PDF)

先月高知市野球場で行われた第1戦、第2戦に連勝して年間総合優勝に
王手をかけていた高知は、長崎のホームへ移った第3戦も実力を発揮し、
第1戦に続いてシリーズ2度目の1失点完投勝利を飾った吉川岳投手が
最優秀選手に選ばれた。

高知の年間総合優勝はアイランドリーグ初年度の2005年シーズン以来
4年ぶり2度目で、当時は1シーズン制だったので、チャンピオンシップを
制しての優勝は初めてとなる。優勝おめでとうございます!
posted by ナカヲ at 18:31| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2008-2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月27日

徳島IS、3年ぶり個人タイトル

四国・九州アイランドリーグは、先週末の23日に後期の全日程を終了し、
徳島インディゴソックスは前期に続いて6チーム中の最下位に終わった。
前後期制が採用された2006年以降、8シーズン中7シーズンで最下位という
屈辱の成績だ(唯一最下位を免れた2008年前期は、新規参入したばかりの
長崎セインツが最下位だった)。

また個人タイトルが確定し、インディゴソックスのゲレロ投手が防御率1.69で
見事、最優秀防御率投手のタイトルを獲得した。インディゴソックスの選手が
個人タイトルを獲得するのは、2006年に最多セーブに輝いた小林憲幸投手
(現NPBマリーンズ育成選手)以来で、球団史上3人目だ。
徳島のゲレロ、最優秀防御率 四国・九州アイランドリーグ

続きを読む
posted by ナカヲ at 23:47| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2008-2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。