2008年12月31日

2008年回顧(4) サッカー編

2008年回顧の最終回。今回はサッカーの2008年ベストゲームを選ぶ。
サッカーの観戦試合数は全部で164試合だった。もちろん自己最多記録だ。
昨年は106試合だったから、55%増ということになる。

チーム別の内訳では、徳島ヴォルティスのトップが55試合(J2が42試合、
天皇杯1試合、サテライト7試合、プレシーズンマッチ1試合、練習試合4試合)、
ユースが23試合(プリンスリーグ、Jユース杯、T1リーグ各4試合など)、
ジュニアユースが15試合(高円宮杯予選が6試合、JリーグU-13が3試合など)、
セカンド(アマチュア含む)が9試合(四国リーグ6試合、天皇杯予選1試合など)、
ジュニアユース吉野川が8試合(クラブユース選手権予選2試合など)と続き、
わずか1試合のみの観戦も含めて、観戦チーム数は計128チームとなっている。

続きを読む
posted by ナカヲ at 19:58| ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | Soccer 2008-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

徳島商、3年ぶり初戦突破

昨日開幕した全国高校サッカー選手権大会は今日、1回戦の15試合が行われ、
徳島県代表の徳島商業高は山梨県代表の韮崎高を4-3で下し、3年ぶりとなる
初戦突破を果たした。徳島県勢、また四国勢としても初戦突破は3年ぶり。
徳島商が初戦突破 全国高校サッカー、韮崎に4−3

徳島商は前半19分にDF塩谷のヘディングシュートのこぼれ球をFW中川が
決めて先制すると、32分にもMF弓場がゴールを決め、2-0とリードして
前半を折り返した。

さらに後半に入っても2分と8分にFW佐々木が立て続けにゴールを決め、
4-0の大量リードに楽勝ムードも漂った。

続きを読む
posted by ナカヲ at 19:52| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2008-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月27日

2008年のサッカー観戦納め

続いて同じ総合運動公園内のグリーングラウンド刈谷・天然芝コートへ移動し、
第二試合の春日井東高(愛知)対静岡高を観戦した。

グリーングラウンド刈谷(天然芝)

天然芝コートは高さがないのであまり見やすいとは言えないが、周辺に何箇所か
ベンチが置かれており、そういう意味では観戦しやすかった。

続きを読む
posted by ナカヲ at 16:36| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2008-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユース、中京大中京に勝利

今日は刈谷市総合運動公園へ第26回選抜高校サッカー刈谷大会を見に行った。
朝と夕方はさすがに空気が冷たかったが、素晴らしい晴天だ。

刈谷市は愛知県内でも一番のサッカーどころとして知られ、総合運動公園の
周辺にあるマンホールや橋の欄干などにサッカー関係の装飾物が見られた。

サッカーボール模様のマンホール 橋の欄干にもサッカーボール

続きを読む
posted by ナカヲ at 10:32| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2008-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

U-13、連勝は15でストップ

昨日、JリーグU-13リーグのサザンクロスAブロックの優勝を占う大一番、
サンフレッチェ広島FCジュニアユース対徳島ヴォルティスジュニアユースが
当初の予定を変更して広島県の揚倉山健康運動公園多目的広場で行われ、
広島が3-1で勝って優勝に大きく近づいた。
U-13リーグ試合結果について

ヴォルティスは、23日のファジアーノ岡山FCジュニアユース戦までに
16試合で10失点(リーグ最少)しか許していなかった鉄壁の守備を崩され、
今シーズンワーストタイの3失点。攻めても林壮太の1ゴールのみに抑えられ、
4月29日にポカリスエットスタジアムで行われたリーグ開幕戦に続いて
またしても広島に苦杯を喫し、連勝は15でストップした。

続きを読む
posted by ナカヲ at 01:41| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Soccer 2008-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月26日

一次合宿は来月末に春野で

徳島ヴォルティスは今日、2009年シーズンの開幕へ向けてのスケジュールを
発表した。
2009年開幕へ向けてのスケジュールについて

年明けは例年と同じく1月15日(木)から始動し、一次合宿も例年と同じく
1月末に高知県立春野総合運動公園で行われる。日並びも今年と全く同じで、
1月26日(月)から31日(土)までとなっている。最終日以外はすべて平日で、
なかなか見学に行きにくい日程だと1年前に不満を書いたような気がするが、
全く改善されなかったのは残念だ。

今シーズンの合宿は雪の影響で、初日の移動も、最終日の帰りの移動も
予定より遅れるという思わぬハプニングに見舞われたが、来シーズンは
予定通り順調に事が運ぶように祈りたい。
posted by ナカヲ at 17:56| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2008-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

湘南からDF三田光が加入

徳島ヴォルティスは今日、湘南ベルマーレのDF三田光選手が来シーズンから
ヴォルティスに完全移籍加入することが決まったと発表した。
三田 光選手 湘南ベルマーレより完全移籍加入決定のお知らせ

三田は東京都出身の27歳。ヴェルディジュニア、ヴェルディジュニアユースから
國學院大學久我山高を経てJ1のFC東京に加入し、出場機会のないまま
2002年に当時J2のアルビレックス新潟へ移籍した。2002〜2003年には
新潟で主力として活躍し、アテネオリンピックのアジア地区予選代表など
年代別の日本代表にも選ばれた。2004年にはJ1に昇格したが出場機会が減り、
2005年にはJ2のベガルタ仙台へ移籍、2006年から再び新潟で2年間プレーし、
今年は湘南ベルマーレで17試合に出場して1ゴールを挙げたが、6月以降は
出場機会が激減、オフに戦力外となっていた。

続きを読む
posted by ナカヲ at 17:37| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2008-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

阿部祐大朗、JFLの鳥取へ

徳島ヴォルティスは今日、今シーズン限りで契約満了となっていた
FW阿部祐大朗選手が、来シーズンからJFLのガイナーレ鳥取へ
完全移籍することが決まったと発表した。
阿部 祐大朗選手 ガイナーレ鳥取(JFL)へ完全移籍のお知らせ

阿部祐大朗は昨年8月にフェルヴォローザ石川・白山から移籍加入し、
昨シーズンは3試合、今シーズンは24試合に出場して2得点を挙げた。
2ゴールはいずれも湘南ベルマーレとの試合で、しかも1点目は今シーズンの
アウェイで唯一の勝利を挙げた試合の決勝点、2点目も同点ゴールであり、
まさに「湘南キラー」と呼べる活躍だった。

ガイナーレ鳥取は今シーズンのJFLで5位。勝てばJリーグ参入要件の
4位以内に手が届く最終戦で敗れて、あと一歩のところでJ入りを逃した。
阿部祐大朗の活躍で、来シーズンこそ悲願を達成できるように期待したい。
posted by ナカヲ at 17:18| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2008-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月25日

クリスマス決戦はガンバ制す

今日は神戸ユニバー記念競技場へ天皇杯の準々決勝を見に行った。
クラブワールドカップ3位のガンバ大阪対Jリーグ3位の名古屋グランパス。
12月下旬の屋外ナイターということでさすがに寒さはかなり厳しいが、
高いレベルで面白いサッカーをするチーム同士がぶつかる好カードなので、
熱戦が期待される。

スコアボード バックスタンドから見たメインスタンド

続きを読む
posted by ナカヲ at 22:51| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2008-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

徳重が加入、羽地が復帰

徳島ヴォルティスは今日、京都サンガFCからFW徳重隆明選手が、
またヴァンフォーレ甲府からFW羽地登志晃選手が、いずれも完全移籍で
加入することが決まったと発表した。
徳重 隆明選手 京都サンガF.C.より完全移籍加入決定!
羽地 登志晃選手 ヴァンフォーレ甲府より完全移籍加入のお知らせ

徳重選手は鹿児島県薩摩川内市出身の33歳。地元のれいめい高を経て1993年に
東海リーグの日本電装(1996年10月からデンソー、現在は市民クラブのFC刈谷)
へ入部し、1996年からは新・旧JFLに舞台を移して活躍、2001年には新JFLで
25ゴールを挙げて得点王、また優勝チーム以外から史上唯一のMVPにも輝いた。
その活躍が認められ、翌2002年にはJ2のセレッソ大阪でJリーガーとなった。

続きを読む
posted by ナカヲ at 16:21| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2008-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月24日

U-13、岡山を下して15連勝

昨日、徳島スポーツビレッジでJリーグU-13の徳島ヴォルティスジュニアユース
対ファジアーノ岡山FCジュニアユースの試合が行われた。
2008J リーグ U-13 リーグ戦サザンクロス A 第 17 節 結果報告

ヴォルティスは前半、岡山の粘り強い守備に苦しんだが、ようやく24分に
セットプレー絡みで川上が先制ゴールを奪い、1-0で前半を折り返した。
後半は15分に同点ゴールを許したが、20分に林のゴールで再び勝ち越し、
そのまま2-1で逃げ切って15連勝。通算成績を15勝1敗とした。

JリーグU-13のサザンクロスAブロックも残り2試合。日時が決まっていない
ホームでのレオーネ山口U-15戦と、来年2月7日に広島青少年文化センターで
行われる首位・サンフレッチェ広島FCジュニアユースとの大一番だ。
最後まで連勝を続け、J参入後初めての「優勝シャーレ」を勝ち取りたい。
posted by ナカヲ at 18:28| ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | Soccer 2008-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月23日

高知大、ベスト4進出ならず

今日、全日本大学サッカー選手権大会(インカレ)の準々決勝が行われ、
四国大学リーグ優勝の高知大は関東大学リーグ4位の中央大に延長戦の末、
2-3で惜敗し、1996年度以来12年ぶり3度目のベスト4進出はならなかった。
インカレ - 全日本大学サッカー選手権大会

高知大は前半16分に先制を許したものの、すぐ17分に同点に追いつくと、
27分にはPKで勝ち越した。そしてこのPKを獲得したプレーで相手GKが
退場となったため、数的優位に立ったが、その後は追加点を奪うことができず、
逆に後半6分に同点とされ、延長後半7分についに決勝点を許してしまった。

相手GKの退場で気が緩んだわけではないと思うが、中央大には7月の
総理大臣杯では勝っていただけに、ここで敗退するのは非常に残念だ。

続きを読む
posted by ナカヲ at 23:32| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2008-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大阪対東京ダブルヘッダー

今日は大阪市長居第二陸上競技場へJユースカップの準決勝を見に行った。
朝は曇っていて寒かったが、第一試合の半ば頃から温かい陽射しが出てきた。

Jユースカップにはヴォルティスのユースも参加しているので、2005年以降
毎年観戦しているが、決勝トーナメントの試合を観戦するのは今回が初めて。
いつも徳島ヴォルティス・ユースの試合ばかりを見ているので、たまには
全国のトップレベルを見ておくことも大事だろうと思って見に行った。

カードは第一試合がセレッソ大阪U-18対FC東京U-18。そして第二試合が
東京ヴェルディユース対ガンバ大阪ユースとなった。そう、なんと2試合とも
大阪と東京のクラブの対戦になったのだ。こういうのもなかなか珍しい。

続きを読む
posted by ナカヲ at 17:17| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2008-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月22日

高知大、優勝候補下し8強へ

先週末、関東各地で全日本大学サッカー選手権大会(インカレ)が開幕し、
四国大学リーグ優勝の高知大は1回戦で関西学生リーグ優勝の阪南大と対戦、
7月の総理大臣杯で準優勝して優勝候補にも挙げられていた強豪を2-1で破り、
昨年に続いてのベスト8進出を決めた。
インカレ - 全日本大学サッカー選手権大会

高知大は昨年のこの大会でベスト8、今年の総理大臣杯ではベスト4に入り、
今回もベスト8以上が確定。全国屈指の強豪と言っても過言ではないだろう。
残念ながら全国の中でも四国はあまりサッカーのレベルが高いとは言えないが、
高知大だけは全国に誇れる強豪だと思う。しかも選手には四国出身者が多く、
昨日も鳴門高出身のGK片山や城南高出身のDF實藤が活躍したようだ。

続きを読む
posted by ナカヲ at 21:31| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2008-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

吉野クラブ、四国L昇格逃す

先週末、愛媛県総合運動公園球技場に四国各県の県リーグ代表が集まって
四国リーグチャレンジチーム決定戦が行われ、徳島県代表の吉野クラブは
1回戦で高知県代表のなんこくトラスターFCと対戦したが、延長戦で惜敗、
四国リーグ昇格はならなかった。
平成20年度 四国サッカーリーグチャレンジチーム決定戦 試合結果(PDF)

徳島県勢は徳島コンプリールSCが今シーズンの四国リーグで最下位となり、
自動降格が決定。四国リーグでの徳島県勢のチーム数を維持するためにも
今年の徳島県リーグ1部を10勝1分という圧倒的な強さで制した吉野クラブの
四国リーグ昇格に期待が集まったが、2-2の同点で迎えた延長戦で4失点し、
無念の初戦敗退となってしまった。

続きを読む
posted by ナカヲ at 19:40| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2008-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月21日

京都FC長岡京と練習試合

T1リーグの第一試合が終わった後、吉野川市総合スポーツ運動場へ移動し、
徳島ヴォルティスジュニアユースと徳島ヴォルティスジュニアユース吉野川が
京都FC長岡京を迎えて行われた練習試合を観戦した。

吉野川市総合スポーツ運動場サッカー場

朝とは違ってどんよりとした曇り空に変わり、たまに雨粒もぱらついたが、
傘が要るほどではなかったので良かった。

続きを読む
posted by ナカヲ at 19:32| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2008-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6得点快勝でT1リーグ4連勝

今日は徳島県立城ノ内中・高グラウンドへ、徳島県高校サッカーリーグ1部
(T1リーグ)後期を見に行った。朝から晴れたり曇ったりの天気だが、
気温はこの時期にしては高めだ。

第一試合は現在2位の城ノ内高と現在首位の徳島ヴォルティス・ユースの対戦。
もっとも、各チームの消化試合数が違うので順位はあまり関係ないが。
(徳島市立高と阿波高は昨日までにまだ1試合しか消化していない。)

ヴォルティスのスタメンは以下の通り。これまでの3試合と全く同じだ。
GKは津司。DFは右から中村、渡邊、喜多、大西。ボランチは反田と尾形、
右サイドは桑島、左サイドは藤本。FWは井坂と岡。

続きを読む
posted by ナカヲ at 11:34| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2008-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月20日

大西と阿部がトップ昇格

徳島ヴォルティスは今日、徳島ヴォルティス・セカンドのFW大西孝治選手と
GK阿部一樹選手のトップチーム昇格が決まったと発表した。
徳島ヴォルティス・セカンド 大西 孝治選手トップチーム昇格決定のお知らせ
徳島ヴォルティス・セカンド 阿部 一樹 選手トップチーム昇格決定のお知らせ

大西は今年の6月からトップチームに登録され、6月にはJリーグ初出場、
そして9月の四国ダービーではJリーグ初ゴールも記録していたが、
このたび晴れてプロ契約を締結し、トップチームへ昇格することになった。

また、阿部は今年3月にGK不足のためトップチームに登録されていたが、
一度もベンチ入りすることなくすぐヴォルティス・2ndへ復帰していた。

続きを読む
posted by ナカヲ at 22:56| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2008-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

完封勝ちでT1リーグ3連勝

今日は徳島県立城南高グラウンドへ、徳島県高校サッカーリーグ1部
(T1リーグ)後期を見に行った。朝から雲ひとつない素晴らしい快晴だ。

城南高校は旧制徳島中学の流れをくむ伝統校で、眉山の南側に位置する。
グラウンドは校舎と同じ敷地内にあり、もちろん土だ。

城南高校の校門?

続きを読む
posted by ナカヲ at 13:21| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2008-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月19日

DF西河翔吾が広島へ復帰

J1のサンフレッチェ広島は今日、徳島ヴォルティスへ期限付き移籍していた
DF西河翔吾選手が来シーズンから広島に復帰することが決まったと発表した。
西河翔吾選手 期限付き移籍より復帰のお知らせ

西河は2006年の9月、ちょうど第1回の対話集会が鳴門で開催された日に
ヴォルティスへの期限付き移籍が発表され、すぐにDFの中心選手となった。
以後、2年3ヶ月の在籍期間中に85試合に出場、3得点を挙げた。

サッカー選手としての実力に加え、笑顔を絶やさぬファンへの応対も素晴らしく、
とても人気のある選手だっただけにヴォルティスを去るのは残念だが、
期限付き移籍ということでいつかはそういう時が来ると覚悟はしていた。
(広島市出身なので、本人も早く広島に戻りたかったはずだ。)
レベルの高い選手が揃う広島でチーム内の競争に勝ち、J1でも活躍してほしい。
posted by ナカヲ at 17:52| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2008-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。