2010年06月30日

日本、PK合戦でベスト8逃す

日本時間の昨夜から今朝にかけて、南アフリカの行政首都ツワネ/プレトリアでFIFAワールドカップの決勝トーナメント1回戦、パラグアイ代表対日本代表が行われたが、日本はスコアレスドローからPK合戦の末、3-5で敗れて初のベスト8進出はならなかった。

グループリーグ3試合と全く同じスタメンで臨んだ日本は、前後半ともパラグアイに押し込まれる時間が長く、何度か決定的なピンチを迎えたが、GK川島(川崎フロンターレ)の好セーブやフィールドプレーヤーたちの体を張った守備もあって、パラグアイに最後までゴールを許さなかった。しかし攻撃では、得意のショートカウンターで何度か惜しい場面は作ったものの、前半19分にMF松井(グルノーブル・フット38)が放ったミドルシュートがクロスバーに嫌われるなど、最後までゴールを決めることはできず、15分ハーフの延長戦を含めた120分間の激闘は0-0で終了した。

続きを読む
posted by ナカヲ at 08:55| 徳島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2010-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月29日

JY吉野川、決勝Tへあと1勝

一昨日、日本クラブユース選手権(U-15)大会四国予選のグループリーグが行われ、すでに決勝トーナメント進出を決めているグループAの徳島ヴォルティスジュニアユースは徳島スポーツビレッジ人工芝グラウンドで行われた麻生FCジュニアユース(愛媛)戦に10-0で勝ち、4戦全勝でグループ1位通過を決めた。
日本クラブユース(U−15)選手権四国予選について

ヴォルティスは19点差以上で負けない限りグループ1位が決まるという状況で最終戦に臨み、前日のJFAプリンスリーグU-18四国にスタメンで出場したFW林が4ゴールを決めたほか、FW宮井が2ゴール、さらにMF夏目、MF山口、MF廣瀬、FW表原もゴールを決めて、麻生を圧倒した。また、守っては麻生を無得点に封じ、CBの主力選手が大会直前にチームを離れるという出来事をものともせず、見事にグループリーグ全試合完封勝利を達成した。

続きを読む
posted by ナカヲ at 18:03| 徳島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2010-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月28日

JリーグU-14、開幕戦を制す

一昨日、愛媛県の今治市営上浦多々羅スポーツ公園多目的グラウンドでJリーグU-14サザンクロスAブロックのサンフレッチェびんごジュニアユースFC対徳島ヴォルティスジュニアユースが行われ、ヴォルティスが3-1で勝利を収めた。
JリーグU−14リーグの結果について

ヴォルティスにとっては今シーズン初めてのJリーグU-14の試合だったが、現在開催中の日本クラブユース選手権(U-15)大会の四国予選にも3年生に混じって出場しているMF川原、FW重本、そしてMF木内がゴールを決めて見事に初戦を飾った。

今年のU-14のメンバーは、ひとつ上の学年とは違って、昨シーズンのJリーグU-13を(ブロック分けの関係で)四国のチームとしか戦えなかった。U-14に上がった今年はサンフレッチェの下部組織など中国地方の強豪チームとも対戦でき、貴重な経験が数多く積めるはずだ。このリーグ戦で多くのものを吸収し、自身の成長につなげてほしい。
posted by ナカヲ at 22:47| 徳島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2010-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月27日

セカンド、後期初戦は7得点

今日は香川県営サッカー・ラグビー場へ四国社会人リーグの第9節を見に行った。昨日とはうって変わって日射しが強く、時々雲がかかって日が陰ることもあるが、雨上がりということもあって非常に蒸し暑い。

第一試合は最下位の南クラブ(香川)と5位の三洋電機徳島の対戦。開幕から8連敗中で降格の危機にある南クラブが、初勝ち点と初勝利をかけて、ここまで3勝2分3敗の三洋電機徳島に挑むという構図だ。

南クラブのスタメンは以下の通り。
GKは古笹原。DFは右から富永、高畑賢、毛利、石川。MFはボランチに増富、二列目に右から大住、小出、斎藤、小山。FWは高畑洋のワントップ。

続きを読む
posted by ナカヲ at 19:14| 徳島 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Soccer 2010-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月26日

ユース、高円宮杯出場逃す

今日は愛媛県の新居浜市営サッカー場(グリーンフィールド新居浜)へJFAプリンスリーグU-18四国の第6節を見に行った。第5節が行われたのは5月の半ばだったので、6週間ぶりの再開ということになる。朝からまとまった雨が降り続く生憎の空模様で、湿度はかなり高いが、気温はそれほど高くない。

第一試合は第一グラウンドで愛媛FCユース対徳島ヴォルティスユース、第二グラウンドで済美高(愛媛)対高知高が行われたので、当然ながら私は第一グラウンドへ向かった。

愛媛は現在首位、対するヴォルティスは現在5位。両者の勝ち点は5点離れており、前期の残り試合はともに3試合なので、ヴォルティスはもし今日の試合に敗れると、前期の優勝、つまり高円宮杯全日本ユース(U-18)選手権大会出場の可能性が完全に消えてしまう。

続きを読む
posted by ナカヲ at 23:48| 徳島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2010-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドゥンビアがW杯デビュー!

日本時間の昨夜から今朝にかけて、南アフリカのネルスプロイトでFIFAワールドカップのグループリーグ第3戦、朝鮮民主主義人民共和国代表対コートジボワール代表が行われ、コートジボワールの元徳島ヴォルティスFWドゥンビア・セイドゥは後半34分にMFロマリックとの交代でピッチに入り、待望のワールドカップ初出場を果たした。徳島ヴォルティスでプレーしたことのある選手がワールドカップの試合に出場するのは史上初めてのこと。

1分1敗の勝ち点1でグループリーグ最終戦を迎えたコートジボワールは、まずこの試合に勝って、なおかつ勝ち点4のポルトガルがすでに決勝トーナメント進出を決めているブラジルに敗れ、さらに現時点で9点も下回っている得失点差でポルトガルを逆転しなければ決勝トーナメントへは進めない。仮にポルトガルがブラジルに0-1で敗れたとするなら、コートジボワールは8点以上の差をつけて勝たなければならず、厳しい状況に置かれていた。

続きを読む
posted by ナカヲ at 09:15| 徳島 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | Soccer 2010-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月25日

日本快勝、2位で決勝T進出

日本時間の今朝、南アフリカのルステンブルクでFIFAワールドカップのグループリーグ第3戦、デンマーク代表対日本代表が行われ、日本は3-1で勝利を収めた。その結果、日本は2勝1敗の勝ち点6でグループEの2位に入り、3戦全勝の首位・オランダ代表に次いで決勝トーナメント進出を決めた。日本の決勝トーナメント進出は自国開催だった2002年以来、2大会ぶり2度目。

引き分けでも決勝トーナメント進出が決まる日本は、勝たなければ敗退となるデンマークを相手に、必ずしもひきこもらず、立ち上がりから積極的に仕掛けて相手ゴールに迫った。そして前半17分、日本は右寄りのやや距離のある位置で得たFKをMF本田(PFC CSKAモスクワ)が直接ゴール左隅へ叩き込んで先制すると、さらに30分には正面のいい位置で得たFKを本田が蹴ると見せかけて意表を突いてMF遠藤(ガンバ大阪)が蹴り、これをゴール右隅へ鮮やかに決めた。

続きを読む
posted by ナカヲ at 12:16| 徳島 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | Soccer 2010-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月24日

JYの中尾、U-13キャンプへ

日本サッカー協会は昨日、今月30日から来月4日まで岡山県美作ラグビー・サッカー場で行われるJFAエリートプログラムU-13トレーニングキャンプの参加メンバーを発表し、徳島ヴォルティスジュニアユースからMF中尾慶心選手が選ばれた。
JFAエリートプログラム U−13 トレーニングキャンプ 参加メンバー

中尾は徳島ヴォルティスジュニア出身で、昨年12月に高知県で行われた「2009ナショナルトレセンU-12四国」や今年3月に愛媛県で行われた「2009ナショナルトレセンU-12四国(後期)」に選ばれたほか、ジュニアユースに進んだ今シーズンは先月、大分県で行われた「2010ナショナルトレセンU-14(前期)」にも選ばれていた。今回のトレーニングキャンプには全国からGK2名、フィールドプレイヤー20名の計22名が選ばれたが、四国から選ばれたのは中尾だけ。レベルの高い環境で自身を成長させてほしい。

続きを読む
posted by ナカヲ at 07:49| 徳島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2010-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月23日

JFL初の非公開試合開催へ

日本フットボールリーグ(JFL)は昨日、宮崎県内において発生した口蹄疫の感染拡大防止のために開催が延期されているホンダロックのホームゲームについて、スケジュール消化のために7月に予定されている2試合を非公開試合(一般来場者の観戦禁止、開催都道府県も非公表)として行うと発表した。
お知らせ「第12回JFLホンダロックのホームゲーム開催について」

JFLの公式戦が非公開試合として行われるのはもちろん初めてで、今後も「非常事態宣言」が解除されて通常の公式戦が開催できる状況になるまで継続されるとのこと。見たい試合が見られないのはサッカーファンとしては残念だが、事態が事態だけにやむをえない措置だろう。口蹄疫が一日も早く終息し、誰もがサッカー観戦を楽しめる日々が再び戻ってくることを祈りたい。

続きを読む
posted by ナカヲ at 07:44| 徳島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2010-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月22日

ドゥンビア、2戦目も出番なし

日本時間の昨日早朝、南アフリカのヨハネスブルクでFIFAワールドカップのグループリーグ第2戦、ブラジル代表対コートジボワール代表が行われたが、コートジボワールの元徳島ヴォルティスFWドゥンビアは初戦に続いてまたも出場機会を得られなかった。

コートジボワールは、大会直前の日本代表との親善試合で右腕を骨折して第1戦はベンチスタートとなったエースFWドログバがスタメン入りし、後半途中からは第1戦スタメンのFWジェルヴィーニョ、さらに第1戦途中出場のFWケイタとMFロマリックが相次いで投入されたが、またもドゥンビアに出場機会は与えられなかった。

なお、試合はブラジルが3-1で快勝し、決勝トーナメント進出を決めた。敗れたコートジボワールは1分1敗となり、決勝トーナメント進出が非常に難しくなったが、25日(金)の23時から行われる朝鮮民主主義人民共和国戦ではドゥンビアのゴールとコートジボワールの勝利が見たいものだ。
posted by ナカヲ at 00:03| 徳島 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Soccer 2010-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月21日

日本、2位でデンマーク戦へ

日本時間の19日夜、南アフリカのダーバンでFIFAワールドカップのグループリーグ第2戦、オランダ代表対日本代表が行われ、日本は健闘及ばず0-1で惜敗した。

日本は前半、圧倒的格上のオランダに対して守備を固めてカウンターでゴールを狙うスタイルに徹し、ボールは一方的に支配されたものの、シュート数やチャンスの数ではオランダを上回るというほぼ完璧な内容で、両チームスコアレスのままハーフタイムを迎えた。

しかし後半に入ると次第にオランダが攻勢を強め、8分にオランダのMFスナイデルが放った強烈なミドルシュートは、GK川島(川崎フロンターレ)が弾いたものの、ボールの軌道の変化が勝ってそのままゴールネットに突き刺さった。

続きを読む
posted by ナカヲ at 03:26| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2010-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月20日

JY、圧勝で決勝T進出決定

今日は田宮の徳島市陸上競技場へ日本クラブユース選手権(U-15)大会四国予選のグループリーグを見に行った。朝のうちは曇り空でやや涼しかったが、第一試合の後半の半ば過ぎから雨が降り始め、第三試合が終わるまで断続的に降り続く生憎の天気だった。

第一試合はFCコラソン(高知)対プルミエール徳島SC。
ここまでコラソンは1勝1敗、プルミエールは2勝1敗だが、このグループはすでに全チームが1敗以上を喫しているため、まだまだ1位通過のチャンスは十分にある。

FCコラソンのスタメンは以下の通り。4−1−4−1のフォーメーションだ。
GKは1番。DFは右から6番、5番、3番、4番。MFはボランチに10番、2列目に右から21番、19番、8番、17番。FWは11番のワントップ。

続きを読む
posted by ナカヲ at 21:32| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2010-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月19日

ユース、ドローで本大会逃す

今日は入田の徳島市球技場へ日本クラブユース選手権(U-18)大会の四国予選第2戦を見に行った。雨は朝のうちにあがったが、湿度が高く、風もあまりないので蒸し暑い。

ユースの試合に先立って、メインスタジアムでは日本クラブユース選手権(U-15)大会四国予選のグループリーグ、またサブグラウンドでは全日本少年サッカー大会の徳島県予選準々決勝が行われていた。

全日本少年サッカー大会の横断幕 美馬対富岡 助任対大松

続きを読む
posted by ナカヲ at 18:49| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2010-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月17日

鳥取、15戦目で初黒星喫す

日本フットボールリーグ(JFL)は先週末、各地で前期第15節の9試合が行われ、注目の首位・ガイナーレ鳥取と2位・SAGAWA SHIGA FCの直接対決は、ホームのSAGAWAが4-1の完勝を収め、鳥取との勝ち点差を2に縮めた。
日本フットボールリーグ

鳥取は勝って首位での前半戦折り返しを決めたいところだったが、前半はゴール数3-0、シュート数9-1という一方的なSAGAWAペース。後半21分にようやく鳥取が1点を返したものの、SAGAWAも30分に突き放してそのまま勝利を収めた。

鳥取は今シーズン、開幕から10勝4分と負けがなかったが、ついに初黒星を喫し、得失点差でもSAGAWAに逆転を許してしまった。とは言ってもJリーグ参入圏外の5位との勝ち点差はまだ10もあるので、気持ちを切り替えて勝ち点を積み上げていきたい。

続きを読む
posted by ナカヲ at 20:12| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2010-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月16日

ドゥンビア、初戦は出番なし

日本時間の昨夜から今日にかけて、南アフリカのネルソンマンデラベイ/ポートエリザベスでFIFAワールドカップのグループリーグ第1戦、コートジボワール代表対ポルトガル代表が行われたが、コートジボワールの元徳島ヴォルティスFWドゥンビアは出場しなかった。

コートジボワールは今月4日の日本との親善試合で右腕を骨折したエースFWドログバがベンチスタートとなったが、代役としてスタメンに入ったのはドゥンビアではなくジェルヴィーニョだった。そして後半途中からはドログバ、ケイタと前線の選手が投入されたが、残念なことにドゥンビアには出場機会は与えられなかった。

なお、試合はスコアレスドローに終わったが、グループリーグ第1戦では一番の好カードという前評判どおり、守備の意識が強く伺える中でも、お互いに高い技術レベルを披露し、非常に見ごたえのある内容だった。

続きを読む
posted by ナカヲ at 22:56| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Soccer 2010-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月15日

日本、国外開催W杯初勝利

日本時間の昨夜から今日にかけて、南アフリカのマンガウング/ブルームフォンテーンでFIFAワールドカップのグループリーグ第1戦、日本代表対カメルーン代表が行われ、日本が1-0で勝利を収めた。日本がワールドカップで勝ったのは自国開催だった2002年のグループリーグ第3戦(対チュニジア代表)以来8年ぶりで、国外開催の大会では初めて。また、グループリーグ初戦で勝ったのは4度目の出場で初めてのこと。

前半はお互いにリスクを避けた戦いに終始したが、とくに日本は終盤まで全くシュートを打てず、ひたすら相手の攻撃を跳ね返す時間が続いた。しかし集中を切らさずに耐えた後の39分、ロングパスを右サイドで受けたMF松井(グルノーブル・フット38)が切り返して左足でクロスを入れると、これがゴール正面で相手DFたちと競り合ったFW大久保(ヴィッセル神戸)の頭上を越え、ファーサイドへフリーで走りこんでいたMF本田(PFC CSKAモスクワ)が落ち着いて決めた。

続きを読む
posted by ナカヲ at 02:28| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2010-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Happy Birthday!

平繁龍一選手、誕生日おめでとうございます!
posted by ナカヲ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | Soccer 2010-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月14日

ファン感謝祭に700人が参加

昨日、徳島市立体育館で徳島ヴォルティスのファン感謝祭が行われ、約700名の参加者が選手やチームスタッフらとの交流を楽しんだ。
ファン感謝祭が徳島市立体育館で行われました。
ミニサッカーなどで交流 感謝祭にサポーター700人

今シーズンのJ2は、FIFAワールドカップ開催に伴う1ヶ月強の中断期間があることから、例年、シーズン終了後に行われてきたファン感謝祭が今年は6月の開催となった。

「ポンポコ倶楽部」によるオープニングショーの後、イベントは3部構成で行われ、選手30名が3グループ6班に分かれて、それぞれミニサッカーとヴォルティスパーク、サイン会、そしてカレーライスやアイスクリーム、駄菓子の振る舞いを入れ替わりで行った。また、各部の間にはチアダンスショーも披露されたようだ。

続きを読む
posted by ナカヲ at 19:32| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2010-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月13日

JリーグU-13は開幕4連勝

昨日、徳島スポーツビレッジでJリーグU-13サザンクロスCブロックの徳島ヴォルティスジュニアユース対FCコーマラント(香川)が行われ、ヴォルティスが8-0の圧勝を収めた。
2010JリーグU−13リーグ結果について

ヴォルティスは前半、新居田、吉川、川添がゴールを決めて3-0で折り返すと、後半にも中尾、奥田(2ゴール)、岸田(2ゴール)のゴールで5点を追加し、守っては3試合連続で相手を無得点に抑えた。川添はこれで今大会3試合連続の計9ゴール。そしてヴォルティスは開幕から無傷の4連勝を飾った。

JリーグU-13サザンクロスCブロックはチームによって消化試合数が異なるが、現時点で無敗はヴォルティスだけ。総得点は暫定首位(消化試合数が多いため)の愛媛FCジュニアユースより少ないが、4試合で総失点1はもちろんリーグ最少。今後もしっかりした守備をベースに勝ち星を重ねて行きたい。
posted by ナカヲ at 23:48| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2010-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月12日

対ロアッソ熊本@水前寺

◎Jリーグ2部第17節 2010年6月12日13時キックオフ
 (熊本市水前寺競技場)観衆3,357人

ロアッソ熊本  2(1−0)1  徳島ヴォルティス
         (1−1)

得点:熊=OG(32分)、藤田(90+1分)
   徳=島田(48分)
警告:熊=矢野(15分)、筑城(19分)

(ロアッソ熊本)
GK 南
DF 西森
   矢野
   福王
   筑城
MF 吉井
   渡辺(→84分、ファビオ)
   宇留野(→78分、西)
   松橋
   平木
FW 井畑(→58分、藤田)

(徳島ヴォルティス)
GK 日野
DF 平島
   ペ・スンジン
   三木
   三田
MF 倉貫
   濱田
   島田(→71分、津田)
   柿谷
FW 平繁(→67分、徳重)
   佐藤(→87分、青山)


続きを読む
posted by ナカヲ at 15:18| ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | Soccer 2010-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。