2005年06月30日

個人会員5,000人突破

6月27日現在の「クラブ・ヴォルティス」の会員数は、
個人で5,096人、法人で321社に達しているらしい。
目標は個人4,000人、法人100社だったから、それを大幅に上回っている。
平均観客数、目標上回る4959人 個人会員も5000人突破

1試合平均の観客数も目標の4,000人を上回っているから、
収支に関しては予想以上にうまくいっているようだ。

また、県にぎわい交流推進室の河口室長は、今後の集客方法を聞かれて、
「野球・四国アイランドリーグの徳島インディゴソックスとの相乗効果を生かすことや、
専用カップを購入すれば飲料を毎回安く買える『マイカップシステム』などの
エコスタジアム化をPRしていきたい」と答えたとか。

続きを読む
posted by ナカヲ at 13:27| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2005-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月29日

オフィシャルマガジンVol.2

クラブヴォルティスのオフィシャルマガジン第2号が届いた(月曜か火曜に届いたようだ)。
相変わらず、和気藹々と楽しそうな雰囲気が伝わってきて、いい感じだ。

主な内容は以下の通り。
・インタビュー(秋葉、谷池)
・ゲームダイジェスト(3〜16節)
・スケジュール(7〜9月の試合と誕生日)
・選手徹底解剖(鎌田、小林、冨士、挽地)

インタビューで印象に残ったのが、サポーターへの言葉。
秋葉は「ブーイングもあり」「『俺らがおまえらを強くしてやってるんだ』
という気持ちでスタジアムに来てほしい」と言い、
谷池も「勝つのが当然と思って観に来て欲しい。僕らを厳しい目で見て
厳しい言葉をかけてもらってもいい」と言う。

続きを読む
posted by ナカヲ at 13:00| 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | Soccer 2005-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月28日

7月の練習試合日程

ヴォルティスの7月の練習日程が発表された。
今月は練習試合は1試合だけ。7月3日(日)の15時から、大塚グラウンドで
徳島県高校選抜チームに胸を貸すようだ。
練習日程のお知らせ

やはり7月のデーゲームは暑いから、初旬の1試合だけにしておいたのだろうか?
高校選抜チームが相手ということで、徳島県のサッカーのレベルを上げるためにも、
将来有望な高校生たちに試合を通じていろいろなことを教えてほしい。

ところで、将来有望といえば、ヴォルティスのジュニア・チームが
25日に入田で行われた全日本少年サッカー徳島大会の決勝戦で
見能林イレブンを7-0で破って全国大会への出場を決めたらしい。
映像を見ていないので分からないが、福住省吾くんが4ゴールを挙げており、
未来のヴォルティスFWを背負って立つ逸材かもしれない。今後が楽しみだ。
徳島ヴォルティスオフィシャルサイト
posted by ナカヲ at 19:24| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2005-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月27日

JFLは栃木が首位折り返し

日本フットボールリーグ(JFL)は昨日で前期日程を終了し、
横河武蔵野FCを破って連勝を9に伸ばした栃木SCが、
ついにHonda FCを捉え、得失点差で上回って首位へ浮上した。
Honda FCはYKK AP戦に勝てば首位で折り返せるはずだったが、
2点のリードを追いつかれて引き分けた。
日本フットボールリーグ

栃木SCは、今年はまだ準備不足でJ加盟申請はできないと思うが、
来年末にはJ入りを決めるのではないだろうか。そんな勢いを感じる。
(2年前の大塚FCに通じるものがあると、個人的には思う。)
ただし、昨年は前期5位で折り返しながら後期で大きく崩れた。
今年も夏場以降の戦い方が重要になるだろう。

(29日追記)
28日の下野新聞によると、やはり再来年からのJ入りを目指すようだ。
栃木SC、J2参入へ本格始動 知事も支援に積極姿勢

続きを読む
posted by ナカヲ at 13:52| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2005-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月25日

対サガン鳥栖@鳥栖

◎Jリーグ2部第18節 2005年6月25日
 (鳥栖スタジアム)観衆11,631人

サガン鳥栖  1(1−0)1  徳島ヴォルティス
        (0−1)

得点:徳=羽地(50分)
   鳥=新居(1分)
警告:徳=谷池(32分)、大場(72分)、小林(80分)
   鳥=新居(6分)、高地(46分)

(サガン鳥栖)
GK シュナイダー
DF 奈良崎
   井手口
   八田
   高地
MF 落合
   高林(→76分、村主)
   宮原(→85分、一柳)
   高橋
FW 鈴木(→70分、氏原)
   新居

(徳島ヴォルティス)
GK 高橋
DF 谷池
   谷奥
   大森
MF 秋葉
   筒井
   大場
   伊藤(→77分、原田)
   片岡
FW 小山(→74分、小林)
   羽地


続きを読む
posted by ナカヲ at 21:22| 🌁| Comment(7) | TrackBack(1) | Soccer 2005-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月24日

サガン鳥栖は外弁慶

鳥栖スタジアムは、西日本屈指(最高?)のサッカースタジアムと言われるほど
評判が高い。私はまだ行ったことがないので、今回の遠征で鳥栖スタジアムを
見るだけでも十分価値があると思っている(もちろん勝つつもりだが)。

ヴォルティスが鳥栖スタジアムに乗り込むのは、旧JFL時代の1998年以来7年ぶり。
前回の試合では延長Vゴールでサガン鳥栖を下しており、過去3度の対戦成績は
2勝1敗と勝ち越している。佐賀県ではそのほか、1994年に佐賀県総合運動場の
陸上競技場でPJMフューチャーズ(サガン鳥栖の前身)と対戦したことがあり、
そのときも3-2で勝利しているから、佐賀県の会場とは相性がいい。

ヴォルティスとサガン鳥栖の通算の対戦成績は5勝5敗1分。まったくの五分だ。
前回の鳴門での対戦は、ヴォルティスが残り3分まで2点をリードされながら、
そこから羽地、片岡の立て続けのゴールで追いつく粘りを見せた。

続きを読む
posted by ナカヲ at 11:37| ☀| Comment(5) | TrackBack(2) | Soccer 2005-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月20日

対立命館大@大塚G

3-6(前半2-1)。スコアを聞いてびっくりした。
昨日、大塚グラウンドで行われた立命館大との練習試合の結果だ。

大量失点した後半はユース中心のメンバーで戦ったのかと思ったが、
どうやら後半も9人のうち7人はプロ選手だったようだ。
練習試合結果のお知らせ

練習試合での敗戦は、2月9日に春野でキャンプ中のヴィッセル神戸に2-4で敗れて以来
今シーズン2度目。アマチュアチームに敗れたのは、プロ化後初めてのことだ。

前日にトップチームが守備の集中を切らせて勝ち点を落としたばかり。
練習試合とはいえ、さすがに田中監督も厳しいコメントを残したようだ。

続きを読む
posted by ナカヲ at 15:30| 🌁| Comment(3) | TrackBack(1) | Soccer 2005-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月19日

JFL佐川関西ダービー

今日は大塚FCのOB対決を見るために、大阪市長居第二陸上競技場へ行った。
カードはJFL前期第14節の佐川急便大阪SC対佐川印刷SCだ。

大阪市長居第二陸上競技場正面

長居第二のメインスタンド バックスタンド。JFLの旗が懐かしい

佐川大阪はFW大坪が先発したが、DF大谷はベンチから外れていた(故障?)。
一方の佐川印刷はFW町中、DF上田ともにベンチスタート。早い時間帯に出てきて、
旧・大塚ファン(私以外にもちらほら見かけた)を喜ばせてほしい。

続きを読む
posted by ナカヲ at 16:10| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | Soccer 2005-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月18日

対京都パープルサンガ@鳴門陸

◎Jリーグ2部第17節 2005年6月18日
 (徳島県鳴門総合運動公園陸上競技場)観衆4,615人

徳島ヴォルティス  1(1−0)2  京都パープルサンガ
           (0−2)

得点:徳=羽地(4分)
   京=田原(47分、52分)
警告:徳=羽地(5分)、秋葉(34分)、筒井(66分)

(徳島ヴォルティス)
GK 高橋
DF 谷池
   挽地
   大森
MF 秋葉
   筒井
   大場
   伊藤(→83分、冨士)
   片岡
FW 小山(→75分、小林)
   羽地

(京都パープルサンガ)
GK 平井
DF 鈴木和
   リカルド
   手島
   三上
MF 米田
   斉藤
   星(→89分、加藤)
   中払
FW アレモン(→70分、パウリーニョ)
   田原(→82分、美尾)


続きを読む
posted by ナカヲ at 16:07| ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | Soccer 2005-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月17日

「ヴォルティスパーク」開設

14日の記事で、会場外アトラクションを開設するのはいい考えだが、
人手が足りるのか心配だ、と書いたが、なんと有料にするらしい。
"ヴォルティスパーク"開催のお知らせ

1ゲームにつき一般100円、会員50円で、
アトラクションの内容は「キックターゲット、ヨーヨー釣り、輪投げ、射的、
千本引き、キックボーリング」の6種類
(名前を見ただけではよく分からないものもあるが)。

9月上旬(10日?)までのホームゲーム開催日に
開門からキックオフまでの2時間、インフォメーション横テントで開催するとのこと。

クリアした時の景品が魅力的でなければ、有料にしたことで利用客が減る恐れもある。
人件費がまかなえるくらいの人気コーナーになればいいが、果たしてどうか。
開設初日となる明日はそのあたりにも注目してみたい。
posted by ナカヲ at 19:27| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2005-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

後半戦日程発表

今日、リーグ後半戦(第3クール、第4クール)の詳細日程が発表された。
各節の開催日と対戦相手についてはすでに発表済みのものと変わらなかったが、
新たにキックオフ時刻と会場、TV放映予定の情報が加わった。
試合日程について

ナイトゲームは9月10日までの全試合と、平日開催の仙台戦@鳴門陸、
そして10月22日の甲府戦@小瀬陸(18時30分開始)だ。
10月下旬にもなれば、甲府の夜は寒そうだが、なぜナイトゲームなのだろうか?

また、9月4日の草津戦@群馬陸は、恐れていたとおり日曜ナイターだった。
翌日は平日だから、泊まっていくわけにもいかないし、全くの嫌がらせだ。

会場は、おおむね前半戦と同じだったが、
群馬の敷島陸上競技場、高知の春野陸上競技場、そして札幌厚別競技場は
今季初めてとなる試合会場だ(いずれも、大塚FC時代には試合をしたことがある)。
お金と時間の都合がつけば、ぜひ行ってみたいと思う(春野は確定)。

(なお、チケット発売日や価格等を入れた日程表をアップしています。
左サイドバーの「Contents」−「ヴォルティス試合日程」からお入りください)
posted by ナカヲ at 16:09| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2005-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大森の恩返し

京都パープルサンガをホームに迎えるのは、旧JFL時代の1995年以来10年ぶり。
そのときは2-3で惜しくも敗れたが、それ以前の3年間はいずれも勝利しており、
通算のホーム対戦成績は3勝2敗と勝ち越している。

また、アウェイを含めた通算対戦成績を見ても、
前回の西京極の試合で田原に決勝ゴールを決められて勝ち点を取り損ねたが、
それでもまだ8勝4敗と大きく勝ち越している。

今季16試合で13勝を挙げて首位を独走する京都と、まだ3勝で9位の徳島の対戦だが、
相性は悪くないだけに、悲観することもないと思う。

続きを読む
posted by ナカヲ at 10:08| ☔| Comment(0) | TrackBack(2) | Soccer 2005-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月16日

田村直弘がマネージャーに

徳島県の高校サッカーのレベルは決して高くない。
ここ20年間で、県代表校が正月の高校選手権ベスト8に入ったのは一度だけ。
あとはすべて3回戦までで敗れている。
また、高校サッカー選手あこがれの地・国立競技場のピッチに立ったチームも
今までにたったひとつしかない。

唯一の国立行きを成し遂げたのは、1996年度の大会に出場した徳島商業高だ。
その勝ち上がりは綱渡りの連続だった。
4勝のうち3勝がPKで、残りの1試合も1点差。
準々決勝では全国屈指の強豪・鹿児島実業高を撃破して国立切符をつかんだ。

1回戦  3-3 大船渡高(岩手) 得点者=田村3
   (PK4-2)
2回戦  1-1 神戸弘陵学園高(兵庫) 得点者=福谷(のち大塚FC)
   (PK7-6)
3回戦  3-2 光星学院高(青森) 得点者=福谷、田村、浅井

準々決勝 0-0 鹿児島実業高(鹿児島)
   (PK4-1)
準決勝  1-4 市立船橋高(千葉=優勝) 得点者=田村


続きを読む
posted by ナカヲ at 18:29| ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | Soccer 2005-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月14日

公式メールマガジン7月創刊

徳島ヴォルティスオフィシャルサイトの上の方に「メルマガ登録」という
ボタンがあるので、メールマガジンを配信する予定があるらしいことは
以前から分かっていたが、ようやくそのめどが立ったようだ。
メールマガジン「ヴォルマガ」の創刊について
「ヴォルマガ」配信 7月開始、ヴォルティス情報メールで

配信は7月からで、登録受付は6月16日から。メールアドレスはPCでも
携帯電話でも登録できる(もちろん無料)。

メールマガジンの掲載内容(予定)は、「試合結果速報」(スコア、得点者、
監督のハーフタイムコメントなど)、「試合スケジュール、イベント情報」
(TV放送予定も)、「VORTIS INFORMATION」(オフィシャルグッズ新商品の
先行紹介、イベントの募集告知)など。

ホームページに掲載している情報をそのままメールで流す予定と思われる。
せっかくだから選手のミニインタビューなどオリジナルコンテンツも加えて、
より楽しい読み物にしていったらどうだろうか。
posted by ナカヲ at 17:41| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | Soccer 2005-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京都戦の新商品&イベント

今週末のホームゲーム、京都パープルサンガ戦は新商品の発売や
イベント、ファンサービスが目白押しだ。現在首位を独走中で、
一番近いアウェイチームでもあるパープルサンガを迎えての一戦と
いうこともあり、天気さえ良ければ多くの観客が集まりそうだ
(梅雨時だが、天気予報も今のところ悪くない)。

あまりにいろいろあって混乱するので、ここでざっとまとめておこう。

○新商品「ポンチョ」販売開始
 色はネイビーで、胸にヴォルティスのロゴマークが大きく入って
 いるEVA素材のポンチョ。フリーサイズで一般価格1,900円、
 会員価格1,800円(ともに税込)。18日はメイン、バックの
 グッズ売場のほか、インフォメーションでも販売するとのこと。
 新商品「ポンチョ」発売のお知らせ

 鳴門はメインの一部にしか屋根がないので、梅雨時の観戦には
 ポンチョは欠かせない(そういえばヴォルティス戦は前節までの
 16試合、一度も雨に降られなかった。一度だけ小雪が舞ったが)。

続きを読む
posted by ナカヲ at 12:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2005-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月12日

愛媛FC、敵地で大一番制す

今日行われた日本フットボールリーグ(JFL)前期第13節の大一番、
YKK AP対愛媛FCは、愛媛FCが友近の決勝ゴールなどで2-1で競り勝ち、
貴重な勝ち点3を獲得した。愛媛FCのアウェイ戦勝利は久々だ。
日本フットボールリーグ

前節まで上位にいたソニー仙台FCと横河武蔵野FCがともに引き分けたため、
愛媛FCは7位から一気に4位に浮上した。次節のHonda FC戦は前半戦最大の
山場となるが、ホームの利を最大限に生かして勝ち点を積み上げたい。
栃木SCの連勝が止まらないので、2位との勝ち点差はなかなか詰まらないが、
粘り強く追い上げていけばきっと追いつけるはずだ。

また、今節は元大塚FCの選手たちの活躍も目立ち、佐川急便大阪SCの
FW大坪は先制ゴールを決めて通算10得点目(横河武蔵野FCと引き分け)、
佐川印刷SCのFW町中も2ゴールを挙げる活躍でチームを勝利に導いた。
次節は両者の直接対決がある。2人とも今の調子を維持して、次節も存在感を
示してほしい。
posted by ナカヲ at 16:25| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2005-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月11日

対コンサドーレ札幌@札幌D

◎Jリーグ2部第16節 2005年6月11日
 (札幌ドーム)観衆12,675人

コンサドーレ札幌  0(0−0)0  徳島ヴォルティス
           (0−0)

得点:なし
警告:徳=秋葉(89分)
   札=相川(50分)

(コンサドーレ札幌)
GK 林
DF 西澤
   曽田
   池内
MF 西嶋
   岡田
   砂川(→71分、金子)
   上里
   和波
FW 相川(→61分、石井)
   中山(→86分、清野)

(徳島ヴォルティス)
GK 高橋
DF 谷池
   挽地
   小峯
MF 秋葉
   筒井
   金(→75分、冨士)
   伊藤(→68分、片岡)
   大場
FW 小山(→86分、小林)
   羽地


続きを読む
posted by ナカヲ at 16:24| ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | Soccer 2005-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月10日

今度は初の連勝を

明日はいよいよ、今シーズン最も遠い遠征となるコンサドーレ札幌戦だ。

札幌は3連勝で勢いが出てきたかと思ったら、前節は仙台に0-4の大敗。
強いのか弱いのかよく分からない。そこで、対戦相手を見てみると、
3連勝の相手は水戸、湘南、草津と調子の上がらないチームばかり。
また、ホームではここまで3連勝中だが、その対戦相手も現在のリーグ
下位3チームである(横浜、水戸、草津)。

ということは、ヴォルティスにとってこの試合は、下位3チームと同じ
レベルに位置づけられるか、それとも中位レベル(札幌、湘南、仙台)
の一員に加われるかの境目となる大事な試合なのだ。負けるわけには
いかない。

続きを読む
posted by ナカヲ at 12:32| ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | Soccer 2005-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月09日

日本代表、W杯へ

日本代表チーム、知っている選手があまりいないので(名前は知ってるけど、
プレースタイルはよく知らない)、正直言ってヴォルティスの試合ほど
盛り上がれないのだが、昨夜はW杯出場が決まる試合ということで最初から
最後までTV観戦した。

予選突破一番乗りでのW杯出場おめでとう!
苦しい試合の多い予選だったが、運が良かったのか、勝負強さがあるのか、
競り合いをほとんどモノにし、そして最後は余裕をもってのフィニッシュだった。
というか、アジアで「4.5枠」は多すぎる気がするのだが・・・。
多くても「4枠」で十分だと思う(他の大陸に申し訳ない)。

試合内容については、引き分けでも出場決定ということで、焦りがなく、
落ち着いた試合運びだったと思う(失点の可能性はほとんどなかったし)。
ヴォルティスに比べて、サイドからの攻撃が目立たなかったが、
FWのレベルは全然違った(とくに後半)。さすが代表チーム。

2006年は無理だろうが、2010年にはヴォルティスの選手をW杯で見たい。
posted by ナカヲ at 09:52| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | Soccer 2005-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月08日

YOSAKOIソーランより阿波踊り

コンサドーレ札幌との対戦は、大島のロスタイム同点ゴールで引き分けた
今年の4月30日以来だが、この試合はホームゲーム。アウェイでの対戦と
なると、1997年以来8年ぶりだ。アウェイでの通算対戦成績は2勝4敗だが、
2勝はいずれもコンサドーレ札幌がまだ東芝だった時代に神奈川県の会場で
挙げたもの。北海道に移転してからは一度も勝っていない。

ヴォルティスが北海道で試合を行うのは、今回が4度目。1995年に室蘭で
京都パープルサンガに勝った後、1996年には室蘭、1997年には札幌厚別で
いずれもコンサドーレ札幌と対戦して敗れている。今週末の試合に勝てば、
実に10年ぶりの北海道での白星となる。

1997年を最後に北海道の地を踏んでいないから、札幌ドームのピッチに
立つのは今回が初めて。そして、室内で試合を行うのも、もちろん今回が
初めてだ(札幌以外の室内で公式戦を戦ったチームは少ないだろうが)。

続きを読む
posted by ナカヲ at 17:34| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2005-1/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。