東日本大震災で亡くなられた方々のご冥福と、
被災地の一日も早い復興をお祈りいたします。
西日本の皆さん、被災地の方々が平穏な日常を
取り戻せる日まで、頑張って日本を支えましょう!

2011年11月02日

長野、連敗止め再び2位へ

日本フットボールリーグ(JFL)は先月29〜30日、各地で後期第13節の9試合が行われ、首位のSAGAWA SHIGA FCはホームで10位・Honda FCに3-2で競り勝ち、連敗を2でストップして首位をキープした。
日本フットボールリーグ

一方、3連勝中の2位・ホンダロックSCはホームで7位・FC琉球と対戦したが、0-4の大敗に終わった。ロックは先月26日に行われた前期第3節の佐川印刷SC戦に2-1で勝って2位へ浮上し、この試合に勝てばSAGAWAの結果次第では首位浮上の可能性もあったのだが、7試合ぶりの黒星を喫して5位へ後退した。逆に琉球は先月26日に行われた後期第8節のソニー仙台FC戦(4-0で勝利)に続く連勝を飾り、10月を3勝2分の無敗で乗り切って4位まで順位を上げている。

続きを読む


posted by ナカヲ at 00:14| 徳島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2011-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月01日

徳島IS、3連敗で日本一逃す

プロ野球の独立リーグ日本一を決める日本独立リーグ・グランドチャンピオンシップは先週末の10月29日にJAバンク徳島スタジアムで第3戦が行われたが、徳島インディゴソックスは石川ミリオンスターズに1-3の逆転負けを喫し、3連敗で優勝はならなかった。
独立リーグGCS・第3戦、徳島3連敗V逃す

石川県立野球場で行われた第1戦、第2戦に連敗し、日本一へ後のなくなった徳島は、エースの大川投手を先発に立てた。すると大川は制球に苦しみながらも7回途中まで1安打無失点の好投を見せ、打線も5回裏に二死三塁から二番・関口のタイムリーで先制点を挙げた。しかし徳島は7回裏、一死三塁のチャンスを不運なショートライナーの併殺で逃すと、直後の8回表、リーグ最優秀防御率の二番手・岩根投手が石川打線に4安打を浴びて3点を失い、そのまま1-3の逆転負けに終わった。

続きを読む
posted by ナカヲ at 19:24| 徳島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2011-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月31日

JリーグU-14、連勝で5勝目

徳島ヴォルティスジュニアユースは先週末の29日と30日にJリーグU-14サザンクロスAブロックの試合を戦い、29日はサンフレッチェびんごジュニアユースFCを4-2で、翌30日はサンフレッチェ常石ジュニアユースFCを4-1でそれぞれ破った。

29日の試合は徳島スポーツビレッジ人工芝グラウンドで行われたが、ヴォルティスは鏡、中山、岸田がゴールを決めたほか、相手のオウンゴールもあって4点を奪い、守ってはびんごに2点を許したものの、3試合ぶりの勝利を収めた。すると翌日は福山大学グラウンドで常石を相手に姫田が2得点を挙げたほか、長野、蓮井もゴールを奪って4-1で連勝を飾った。
2011JリーグU−14リーグ結果について(10月29日)
JリーグU−14リーグの結果について(10月30日)

これでヴォルティスの今大会の成績は5勝3敗となった。次節は来月3日に徳島スポーツビレッジ人工芝グラウンドでサンフレッチェ広島FCジュニアユースと対戦する。広島には先月、アウェイで0-1と惜敗しているので、ホームでその借りを返したい。
posted by ナカヲ at 22:31| 徳島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2011-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Jユース杯、連敗で敗退決定

昨日、徳島スポーツビレッジでJユースカップの予選リーグHグループ第2戦、徳島ヴォルティスユース対セレッソ大阪U-18が行われたが、ヴォルティスは0-5の完封負けを喫した。
2011 Jユースカップ 第19回Jリーグユース選手権大会

悪天候の中で行われた試合は、セレッソが前半19分にU-17日本代表FW南野のゴールで先制し、後半1分にも徳島市川内中出身のU-16日本代表MF丸岡満のゴールで加点、その後もゴールを重ねて5-0で勝利を収めた。終盤には南野に代わって阿波市立市場中出身のMF坂東亘樹も出場したようだ。

また、この試合の1時間前には北九州市立本城運動場で同グループのもう1試合、ギラヴァンツ北九州U-18対大分トリニータU-18が行われたが、大分が20-1で圧勝した。

続きを読む
posted by ナカヲ at 21:09| 徳島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2011-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月30日

対ジェフユナイテッド千葉@フクアリ

◎Jリーグ2部第33節 2011年10月30日16時キックオフ
 (フクダ電子アリーナ)観衆10,015人

ジェフユナイテッド千葉  0(0−0)1  徳島ヴォルティス
              (0−1)

得点:徳=西嶋(69分)
警告:千=久保(25分)
   徳=徳重(8分)、柿谷(11分)

(ジェフユナイテッド千葉)
GK 岡本1
DF 渡邊27
   青木良4
   マーク・ミリガン5
   山口13
MF 伊藤20
   村井19
   佐藤7
   米倉11(→74分、ファン・ゲッセル6)
FW 久保22(→67分、オーロイ8)
   深井9

(徳島ヴォルティス)
GK オ・スンフン21
DF ペ・スンジン20
   三木2
   エリゼウ4
   西嶋6
MF 倉貫8
   斉藤16
   徳重7(→85分、島村22)
FW 柿谷13
   津田11(→76分、衛藤17)
   佐藤18(→90分、ドウグラス9)


続きを読む
posted by ナカヲ at 19:30| 徳島 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | Soccer 2011-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月29日

昇格戦線生き残りをかけて

明日の対戦相手はジェフユナイテッド千葉。第1クールは4月末にホームで対戦し、MF柿谷がDFミリガンに倒されて得たPKを後半18分にMF島田が決めてヴォルティスが1-0で勝利を収めた。

Jリーグでの通算対戦成績は2勝1分と、ヴォルティスは過去に一度も千葉に負けたことがない。ただし、アウェイでの対戦は昨年12月の一度だけで、この時は勝利を目前にした後半ATに同点ゴールを許して1-1の引き分けに終わっている。

さて、千葉は現在、14勝9分9敗の勝ち点51で5位。8月中旬までJ1昇格圏の3位以内につけていたが、8月後半以降は3勝4分6敗と失速、とくに直近の4試合では勝ち点を1しか積み上げられず、3位との勝ち点差が5に開いてしまった。

続きを読む
posted by ナカヲ at 23:39| 徳島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2011-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

窪川FC、名門相手に力負け

今日は千葉県の姉崎公園姉崎サッカー場(フットパークあねさき)へ全国クラブチームサッカー選手権大会の1回戦を見に行った。朝からいい天気だが、空気はひんやりしている。

姉崎公園は市原市の施設で、サッカー場のほか、人工芝の多目的広場やアイススケート場兼プールなどもある。サッカー場はかつてジェフユナイテッド市原の練習場としても使用されていたが、今はフクダ電子アリーナの隣に誕生したユナイテッドパークにその座を譲った。

ジェフのホームタウン・市原市 姉崎公園の入口 人工芝の多目的広場

続きを読む
posted by ナカヲ at 19:58| 徳島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2011-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月28日

10月30日@千葉戦情報

■試合情報
 大会:Jリーグ2部 第33節
 日時:10月30日(日) 16時キックオフ
 会場:フクダ電子アリーナ
 対戦:ジェフユナイテッド千葉×徳島ヴォルティス


続きを読む
posted by ナカヲ at 21:10| 徳島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2011-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

育成ドラフトに徳島IS富永

昨日、NPBの新人選手選択会議(ドラフト会議)が行われ、徳島インディゴソックスの富永一投手が広島東洋カープから育成枠の1巡目指名を受けた。徳島の選手がドラフト会議で指名を受けたのは、昨年の弦本悠希投手(カープ)に続いて3年連続4人目(育成枠では2007年に千葉ロッテマリーンズから指名を受けた小林憲幸投手以来4年ぶり2人目)。
ILから7人の選手がドラフト指名を受けました!

富永は鳴門市出身の22歳。地元の鳴門高を卒業後、香川県のアークバリアドリームクラブでプレーしていたが、トライアウトを経て今シーズンからインディゴソックスに加入した。すると最速147km/hの直球とスライダーを武器に1年目からストッパーとして活躍、30試合に登板して0勝0敗18セーブ、30イニングを投げて自責点4(防御率1.20)、奪三振54という見事な成績を挙げ、最多セーブ投手のタイトルも獲得した。

続きを読む
posted by ナカヲ at 20:37| 徳島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer 2011-2/2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月27日

徳島IS、敵地・石川で2連敗

プロ野球の独立リーグ日本一を決める日本独立リーグ・グランドチャンピオンシップが先週末の22日に石川県立野球場で開幕し、四国アイランドリーグplusで初優勝を飾った徳島インディゴソックスは、ベースボールチャレンジリーグで2年連続3度目の優勝を飾った石川ミリオンスターズと対戦したが、第1戦、第2戦ともに落とし、初の日本一へ後がなくなった。

リーグ優勝決定から20日間試合がなく、実戦感覚に不安を残してのシリーズ開幕となった徳島は、まず第1戦でエースの大川投手を先発に立てたが、2回裏に一死二三塁から暴投で先制を許すと、3回裏にも追加点を奪われ、大川は4回途中7安打2失点で降板した。徳島は後続の投手も失点を重ね、打っては6回表に四番・大谷龍、8回表に五番・山村のタイムリーでそれぞれ1点を返したものの、2-6で敗れた。
インディゴソックス、初戦を落とす

続きを読む
posted by ナカヲ at 18:37| 徳島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball 2008-2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。